世界初!イギリスの寿司レストランで利用される空を飛ぶウェイター「iTary」

[2013/7/26]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

BRITAIN/

どうでしょう、世界初の空飛ぶウェイター。

ロンドンで人気の寿司レストラン「YO! Sushi」が、注文された食事をドローンで運ぶ実験を開始。話題になっています。

いろいろ運べて、意外と安定感あります。

スクリーンショット 2013-07-25 13.04.56

現時点でどこまで効率的かはさておき、食事をエンターテイメント化する効果は抜群。見ている方もこれをお店でやられたら、ソーシャル・メディアで拡散せずにはいられないでしょう。PR効果、大きいです。

スクリーンショット 2013-07-25 13.05.20

こちらのドローンは「iTary」と呼ばれ、最大時速は40キロ。操作はiPadで行います。確かに慣れてくれば、ウェイターが運ぶよりも速くなっていきそうな感じ。また、いずれは人工知能で人をよけながらトラブルなく、テーブルにたどり着くということは普通にできそう。

スクリーンショット 2013-07-25 13.06.55

う〜ん、面白い。今後もこのドローン利用については追っていきたいところ。

スクリーンショット 2013-07-25 13.08.02 

 実際の利用シーンは、こちらの動画から。

近い将来「ピザ」もドローンで運ぶようになる!?

英ドミノピザが、ピザを運ぶ「ドミコプター」を開発しているというニュースも。

Domino’s tests drone pizza delivery

こちらの動画は、「2つのピザをドローンを使って無事に配達できるか」というコンセプト映像になっています。

アメリカではドローンの商用利用は現時点では禁止されていおり、この件に関して本部である米ドミノ・ピザは、関わりを否定しています。  

とは言うものの、近い将来、様々な仕事で無人のドローンが利用されていくことは、大いに考えられることです。かのクリス・アンダーソン氏は、そこを見据えて、3DRobotics社を経営していると思われます。

みんなのアイデア会議室 「Blabo! 」なんかで、ドローンの商用利用に関してアイデア募集したら、たくさん面白いアイデアが出てきそう。

まだ日本ではちょっとはやいですが、問題提起はされはじめて良いと思っています。

BRITAIN/

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を