狭い部屋に置く未来のテーブルのカタチ。床と一体となる畳めるテーブル

[2015/4/30]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-04-30 10.28.40

今、世界的に「折り畳み方」のアイデアが面白い。折り畳み方が違うだけで、製品として、まるで別物のイメージを与える。

先日、本のようにたたんでしまえる「BOOKNITURE」(Book + Funiture)のご紹介をした。家でも、アウトドアでも便利で、ソーシャルメディア上での反響も上々だった。

【参考】
まさかのデザイン!椅子やテーブルが本のように収納できる未来

そして、今回ご紹介するのは、「Wood-Skin」。木の素材でできた六角形のテーブル。床に自然に沈ませて、折り畳むことができる。

スクリーンショット 2015-04-30 10.27.40

通常、木のテーブルをしまう時、それはそれは場所を取る。足を折りたたみ壁に立てかける。「薄さ」という言葉では表現することは到底できない。

スクリーンショット 2015-04-30 10.43.17

しかし、Wood-Skinは、驚くほどの薄さが特徴だ。持ち運びはもちろん、収納にも便利である。一方、強度が心配かもしれないが、約100キロほどのものを置くことができる。折りたたみ革命は、まだまだ面白い。

【クエスチョン】
・折り畳まれている製品をピックアップし、これまでにない折り畳み方を考えてみよう!それが大きなイノベーションにつながる可能性がある

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を