まさかのデザイン!椅子やテーブルが本のように収納できる未来

[2015/2/16]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

5e80087e25d57883ea590516f54b9a0a_large

これからの基本的な部屋やオフィスのカタチは、どういったものになるのか。それを予測し、実現しようとする世界的な大実験は、人々の目を惹き付ける

自宅をオフィスとして、近隣に”無料”で提供する「Hoffice」というトレンドも注目を集めたが、先日紹介した壁に設置できるエアーデスクも評判は上々だ。

【参考】furniture
自宅をオフィスとして解放する!新たなコワーキングスペース スタイルが広がる
エアーデスクを壁に設置できる!21世紀のオフィスアイデア

さて、今回はテーブルや椅子の話題。これから椅子やテーブルは、どのようなモノとして、私たちの身の回りに存在し続けることになるのか。

クラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「BOOKNITURE」(book × furniture !)は、それへの1つの解を提案するがごとく、その強烈なデザインを以て、世界の目を釘付けにしている。

ご覧の通り、収納時はちょっと大きめの本のカタチをしている。

1043b4e8be496579f08850539d0b602e_large

しかし、開けばこの通り。ちょっとしたテーブルに変身する。重さは1.6kgで、収納性のみならず、ポータブル性も高い。

39020acafb61439101d1cf1e93ba41d1_large

ハニカム構造を取り入れており、強度もある。175kgまでの重さにまでは耐えられる。

e8d23213bc51504f6de0964cca67381b_large

特に狭い都会の部屋やオフィスには、良いコンセプトだろう。資金調達目標も一気に達成。30日を残しながら28万ドルの資金調達を実現し、どこまで伸びて行くか注目だ。

4143795cc3b62f7bbeeaccfd55731584_large  
ちなみに、今なら1つ70ドルで購入ができる。このベクトルの進化の方向性に、未来の椅子やテーブルのカタチがあるのかもしれない。

【クエスチョン】
・未来の椅子やテーブルが、どのようなものであるのか?どんな機能があったら便利か?豊かか?を考えてみよう!

e8d23213bc51504f6de0964cca67381b_large

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を