ゼロエネルギー家具。暑ければ熱を蓄積し、寒くなるとその熱を解放するデスク

[2015/5/19]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-05-19 17.27.38

サーバーから発せられる熱を利用して暖房にするオランダ発の「Nerdalize」は、エネルギーコストを最大55%まで削減できる。このように、熱利用を最適化するためのトレンドは、興味深いものがある。

ご紹介する「ZEF」は、Zero Energy Furniture(ゼロエネルギー家具)の略。最初に発表する製品は、暑い時には熱を吸収し、寒くなったらその熱を解放して、部屋の温度を快適に保つデスクだ。

表面は木材、内側はアルミ素材で設計。摂氏22度を越えると、デスクが熱を吸収し涼しくなり、部屋が寒くなってくると、その蓄積した熱を解放して部屋を温めるという構造だ。

tablclim4

部屋の中でエアコンを付けているような場合、そのコストを30%ほど削減できるようという。

快適な室温を保つというのは、意外と大変だ。例えば、5月のような最も快適な季節であっても、昼間は夏のように暑くなる日があったり、夜は急に肌寒くなってしまうこともある。

しかし、その都度、扇風機を付けたり、暖房を付けたりするのは大変。よって、着る服によって調整するわけだが、もし、このような室温調整家具のようなものがあれば、より快適に日々を過ごせることになるだろう。

こちらのテーブルは、年内発売を予定しているという。もはや「エコ」と「快適さ」は、両立困難な相対するの概念ではない。

【クエスチョン】
・「よりエコでより快適」をコンセプトに、自社商品をワンランクアップさせるアイデアを考えてみよう!

スクリーンショット 2015-05-19 17.27.38

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を