観光客を自転車の後ろに乗せて街を案内する!黄色いラックが地域観光を変える

[2015/8/12]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-08-12 7.17.14

各都市が、どのように観光客を喜ばせていくのか。官民問わず、アイデア合戦が広がっている。

アムステルダムの自転車レンタルの会社が仕掛けた「Yellow Backie」が興味深い。自転車の後ろに黄色いラックを付ける。その後ろに旅行者を乗せ、街を移動するというもの。ラックは無料で配られる。

11811491_688518171282475_312560634967844548_n

旅行者は、黄色いラックのついた自転車を見つけたら、バッキー!と叫ぶ。すると、旅行者をフォローしたい人の乗るラック付きの自転車が止まるのだ。

乗車は無料だが、Airbnbやアクティビティ販売する人が、見込み客を獲得する手段になるかもしれない。

国によって、地域によって、ここまで簡易なラックでは法的に難しいかもしれないが、なんともインスピレーションを与えてくれる事例である。

外国人観光客に、どのように楽しんでいただくか。そのアイデアは世界各地で百花繚乱である。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を