パッケージ革命の可能性。包装コストを60%以上削減し、環境も守る

[2015/9/10]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-09-10 9.45.49

日々送られてくる郵送物。そのパッケージはほとんどが紙であり、ほぼ全てが1回使った限りでゴミになる。

Reusable Solutions Group」は、そんな問題を解決するための企業だ。これまで基本的に使われてきた紙パッケージを、再利用可能なパッケージに変更するサービスを企業向けに提供。 

スクリーンショット 2015-09-10 9.36.03 スクリーンショット 2015-09-10 9.35.33

例えば、普通の紙やダンボールを、次のような再利用可能なパッケージに変更することで、300回以上利用することができるようになる。

1faaee_4f59bb6542404d1cbf0fc086626d6fb2.jpg_srb_p_801_694_75_22_0.50_1.20_0 1faaee_00f41ba8bdb14bdcac7f5c2d18c6fa74.jpg_srb_p_600_694_75_22_0.50_1.20_0

結果、コストを60%から80%も削減できるという計算になる。もちろん、環境に良いことは言うまでもない。

スクリーンショット 2015-09-10 9.42.25

再利用するためには、それを返却するコストや、消費者がそれを再び持って行くコストはあるが、今や選択肢として当たり前となった「マイバック」のように、カルチャーとして広がる可能性は十分にあるだろう。

地味に見えるが、パッケージ革命には、巨大なチャンスが眠っている。

1faaee_4f59bb6542404d1cbf0fc086626d6fb2.jpg_srb_p_801_694_75_22_0.50_1.20_0

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を