公益性ある事業にAIを導入せよ。人工知能が視覚障害をリアルタイムで支援する時代へ

[2015/9/12]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Header2-1 
AIはこのように使われていくべきだろう。

Aipoly」は、目に障害のある方を、人工知能がサポートするアプリ。具体的には、撮影された写真を分析、テキストが表示され、それを音声で読み上げてくれるというものだ。

Screen Shot 2015-08-16 at 4.40.56 pm-1

Screen Shot 2015-08-16 at 4.40.35 pm-2

以前、視覚障害者の支援をするための遠隔ボランティアシステム「Be My Eyes」をご紹介したが、これを人工知能で実現しようとする取り組み。

【参考】
視覚障害支援の非営利型クラウドソーシングネットワーク「Be My Eyes」

Screen Shot 2015-08-13 at 12.29.30 am-1 
まさに、こういったものは、GoogleGlassのようなものでリアルタイムサポートされていくと良いだろう。アシスタントアプリが、いつでもどこでも、自分の目の代わりになってくれる未来へ。AIは公益性のあるプロジェクトにどんどん投入されていくべきである。

Header2-1

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を