食事の時間にあわせて、美味しそうな料理の香りを放ち、認知症をサポートするデバイス

[2015/9/30]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-09-30 13.10.17

超高齢化社会へ向かう中で、認知症対応の深刻さは時を経るごとに増している。

Ode」は、そんな社会の中で、注目すべきコンセプトを提案する。それは、食事の時間に合わせ、料理のよい香りを発し、食事の時間を忘れないようにするのと同時に、食欲を促進させるためのツールである。

認知症になると、食事をすることを忘れてしまい、体重が減少したり、時に軽い栄養失調になってしまうこともある。それが、更に自身の持病を悪化させることにつながるという。

しかし、Odeがあれば、そのようなリスクを削減することができるということだ。

高齢者が最期まで幸せに時間を過ごしていけるかどうかは、その文明の成熟度を計る最大の要素の1つだろう。シニアが苦しんで生活しているような社会で、いくら「成長」を叫んでも、それはことごとく虚しく響くだけだろう。

認知症をサポートする画期的なプロダクトが、どんどん出現してくることを願いたい。

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が出ました!

cover

「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を