1万社起業へ助成制度!!!「ちいさな企業 未来補助金」

[2012/9/1]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

photo credit: Magdalene Photography via photo pin cc

かなり大きな「助成金」のニュースが飛び込んできました。
その名は「ちいさな企業 未来補助金 」。なんと一万社に対して百万円規模の
起業時の資金を助成するという仕組みです。 

—————————————————————————————–

経済産業省は若者らの小規模な起業を促すため、来年度から1社あたり
数百万円程度の小口の助成制度を創設する。従業員が数人~十数人の規模
の企業を想定し、5年で約1万社を支援。

IT(情報技術)関連や子育て支援、介護や学習塾など、地域に根ざした
会社を増やし、雇用の担い手としても期待する。 新設する制度は
「“ちいさな企業”未来補助金」。

通常、政府の助成事業は1000万円以上の大規模なものがほとんどで、百万円
規模の小さなものは珍しい。申請を受け、起業時に事業にかかる経費を補助する。

若者の活力や女性ならではの視点を生かしながら、ウェブデザインなどの
IT企業や、介護、食品販売など各地域の需要に合ったきめ細かいサービス
の担い手を育てる。

引用元: 1万社起業へ助成制度 経産省、数百万円を補助  :日本経済新聞

—————————————————————————————– 

バラマキ、税金の無駄遣いなど様々な意見も出ていますが、「起業」を志す方
にとっては、非常に有り難い助成ですね。 

 

ソーシャル・ビジネス、NPO、ライフワーク起業を後押し!

photo credit: joiseyshowaa via photo pin cc

こちらの助成金についての詳細についてを、今後精査していかなければ
なりませんが、ソーシャル・ビジネス、事業型NPOなどにとって良い
助成金になる可能性を持っています。

また、「自分の得意分野」や「使命の道」で起業するライフワーク起業も
サポートしてもらえる制度だと思います。

事業の寿命が極端に短くなり、20世紀を謳歌した「会社組織」という
コンセプトの寿命も叫ばれています。シャープやNECをはじめとする
日本の大製造業の苦境を見ても、「どうやら、今までの『不況』という
枠組みでは捉えきれない…」と多くの方が感じ始めています。 

ソーシャル・ビジネス、NPO、ライフワーク起業というのは21世紀の
大潮流となるでしょうが、それをサポート後押しする仕組みに関しては、
私は賛成をしています。

このような助成金によって、多くの人がそれらの「経験」ができれば、
社会にとってとても良い効果が現れてくると信じています。組織にぶら
下がる、という意識ではなく自分で「価値」を創造する。

もっと言えば、1000を1100にするという体験だけでなく、0から1、
または1を3にし、5にするという体験をすることは「仕事人」として
とても重要だと思います。

単純な「経済競争」は、静かにではありますが、いきます。その中で、
静かではありますが、このような新たなトレンド
をサポートする流れも
生まれてきています。

(今回の1万社への助成金は、静かではありませんが(笑)) 

新たな社会構造を支える多くの「起業家」の誕生を私も待ち望んでいます。

 

 ※ご意見、ご感想、ご相談はこちらのサイトの右下の「MessageLeaf」のタブを
 クリックしお送りください。私のみへの非公開メッセージとして送られます。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を