限界コストゼロ時代のクラウド事業開発の実践。サロンを実験&事業開発エンジンにしていきます!

[2016/2/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2016-02-14 10.10.29

ソーシャル・デザインの長沼です。

元々構想を持っていたのですが、人数も少しずつ増え、実践できる土台が整ってきたので、Social Design Salonを、オンライン上の実験&事業開発エンジンにしていきます。

Social Design Salon

サロン内で事業アイデアを共有、事業企画書を作り、コメント欄を使って皆でそれを練り上げる。そして、プロトタイプをできる限り素早く作り、それを皆で見て使って、感想を述べ合う。それを元に、デザイン、UI、サービスを作り込む。

そしてβ版をリリース。もちろんSocial Design Newsや私含め情報発信を広くしていくこともお手伝いします。Social Design Newsの右カラムに「サロンメンバーの素敵な事業」コーナーも作り、バナー広告も掲載します(もちろん無料です)

まさに、限界コストゼロ時代のクラウド事業開発の実践です!

またお金、つまり出口(資金調達)をどうするか、ということを考えていましたが、今CVCがどんどん立ち上がってきていますので、練った事業企画書や立ち上げたばかりのサービスを引っさげ、以下のようなプログラムにも参加していければいいですね。

【参考】
三井不動産 新産業創造に向けて、ベンチャー共創事業を本格始動〜総額50億円の「31VENTURES Global Innovation Fund 1号」を設立〜
「インキュベーションからアクセラレーションへ」KDDIが今後の支援プログラムを説明」

更に、これからはフィンテック時代です。現在の大手企業や、アクセラレータ、VCの御眼鏡に叶わなくても、そこそこの金額の資金を素早く調達する方法が、この数年で現れるかもしれません。

(現時点でも「セキュリテ」のようなマイクロ投資プラットフォームはありますね。 )

そのためにも限界コストゼロ時代のクラウド事業開発をどんどん実践していきたいと思っています。

これまでパラレルキャリアは「本業×社会貢献活動」や「本業×ちょっとお金を稼げる仕事」というものが多かったと思います。しかしこれからは、「本業(ライフワーク)×スケール可能な事業」というのが基本形の一つとなるでしょう。

Social Design Salonでは、その側面からの情報発信を強化し、どれだけ実験が行われたか、どれだけ事業が立ち上がっていったかを一つのコンバージョン指標にしていきたいと考えています。

ご興味のある方は、是非こちらからサロンにご参加ください。

Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

 

スクリーンショット 2016-02-14 10.10.29

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を