これが未来の医療スタイル!?遠隔医療マシーン「RP-VITA(アールピービータ)」

[2012/9/15]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

医療×ITは、これからの大きな期待のかかるところです。

9月11日にiRobot社の新商品発表会がありました。iRobot社と言えば、皆さんも
よくご存知の自動掃除機「ルンバ」を開発した企業です。こちらの会社が
医療業界へも参入することが発表されました。

第一号となるのが、上の動画にある遠隔医療マシン『RP-VITA(アールピービータ)』。

iPad上で「こっちにおいで」と操作すると、自動でやってきてくれます。そして
ロボットにはセンサーがついておいて、場所を自動的にマッピングしてくれ
ます。

そのマップ画像は『iPad』に送信され、指示を出すだけで自力で適切なルートを
判断し、その場所へ行ってくれるようになるようです。

例えば、512号室の患者さんの部屋へ回診を行く際、医師はこれを使って、
その患者さんの名前を押すだけで512号室へ行ってくれ、遠隔回診ができる
ようになっています。

医師不足が問題になっている地方や貧困国には重宝されるサービスになりそう
です。 

人気爆発!「Double Robotics」も発売されます。

こちらのは動くiPadスタンド 「Double Robotics」。『RP-VITA(アールピービータ)』
のように動きますが、医療に特化されているわけではありません。専用アプリを使って
離れた場所の風景を見る事ができたり、遠隔操作してビデオチャットが可能と
なっています。

あまりの人気で年内の発売分は予約段階でソールドアウトしています。
現在の予約は2013年のはじめ出荷分です。価格は1,999米ドル(日本円で約15万6000円) 

上の動画にはビデオ会議、美術館、作業現場などで使われるイメージがありますが
利用方法はこれから様々拡大していくことでしょう。ちなみに少しカスタマイズしたら
医療現場でも使える
のでは?と思います。RP-VITAの競合にはなる可能性ありますね。

このように、iPadなどのタブレットPCを使った遠隔技術はこれから益々注目を
集める分野となりそうです。 

人によっては「これでリアルの対面コミュニケーションが減ったら悲しい」
と思われるかもしれません。しかし、こちら電話と同じようなもので、リアル
コミュニケーションを補完するサービスと捉えていただければ良いと思って
います。

情報革命が進めば進むほど、一方でリアルの対面コミュニケーションの価値は
上がります。それぞれのシチュエーション、状況にあわせた最適なコミュニ
ケーションがとられていく社会へと移行していると信じています。

 

■Social Design News facebookページ
  http://www.facebook.com/SocialDesignNews

■一般社団法人ソーシャル・デザインについて
 http://social-design-net.com/about_us

■ご意見、ご感想、ご相談はこちらのサイトの右下の「MessageLeaf」のタブを
 クリックしお送りください。私のみへの非公開メッセージとして送られます。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を