Coffee Meetingに注目!新たなWEBサービスが爆発的にローンチ中

[2012/9/16]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

気軽に興味のある人とお茶をするサービス「Coffee Meeting」。
2012年2月にローンチされたばかりのサービスですが、着々と利用者を伸ばし
5,600件のミーティング数を超えてきています。(2012年9月16日現在)

コンセプトはこんな感じです。

〜「近いけど遠いあの人と、お茶してみよう」〜

FacebookやTwitterでよく見かける、「近いけど遠い人」と話をしてみたいな
と思ったことありませんか? CoffeeMeeting(コーヒーミーティング)は、
コーヒー1杯を飲む時間を一緒に過ごしたい人と出会うためのサービスです。
お茶をしてもオッケーな空き時間と場所をシェアし、短いけれど大切な
時間を共有しましょう! by  Coffee Meeting

実際のところは、FacebookやTwitterで知っている人でなくてもミーティング
をするこはができます。以前、ソーシャル・ランチのサービスを例にとり
「営業は、偶然の「出会い」、誠実な「人間関係」となっていく」という
記事を書きましたが、 まさにその傾向性が強まっていくことでしょう。

今このような、ネット上の人間関係をリアルにつなげるサービスが今どんどん
大きく拡大していっています。例えば、飲み会のマッチングサービスの
nomitomo(のみとも)」などもありますが、これはFacebookという実名SNS
が普及し、インフラとして機能し始めた結果起こってきている現象ですね。
混沌としたインターネットの世界が、実名SNSの潮流によって、秩序だって
きていると感じます。
 
今再び、巨大なスタートアップブームが進行している 

photo credit: Stuck in Customs via photo pin cc

ここ2、3年新たなWEB系サービスが爆発的に立ち上がってきています。
私自身、ここ4年間で多くの事業、プロジェクトの立ち上げに関わり、
新たに立ち上がるWEBサービスをうまく利用させていただきました。

今は同じような考えをもつ仲間との出会いも増え、またお金を大きく
かけることもなく、新しい事業を立ち上げ
られる時代です。 

これは、間違いなく情報革命、そしてソーシャル・メディアの普及によって
 起こってきている現象です。

かつて蒸気機関が登場した時代には、あらゆる産業で、その技術が導入され、
19世紀末の産業革命の時代には、”納屋工場”があちこちにできて、さまざま
な乗り物や機械が作られたそうです。

現在のインターネットもまさにそのような感じですが、蒸気機関以上の
大きな革命が進んでいます。蒸気機関が人間の筋肉の延長だとすると、
インターネットは人間の脳の
延長です。

この脳を拡張させていくことによって、数百万円、時には数十万円で世界的な
サービスを
開発し、革命を起こしていけるような時代を一体どれだけの人が
想像したでしょうか。
株式会社に1,000万円は最低必要だとした時代から
すると驚くべき変化です。

世界は激動期です。日本でも一日一日産業や仕事そのものの概念や定義を変えて
しまう可能性を持つ出来事がどんどん起こっています。 それらにアンテナをはって
こちらをご覧になられている方のお仕事、生活に少しでも役立つ情報発信を
これからも心がけて参ります。

 

■Social Design News facebookページ
  http://www.facebook.com/SocialDesignNews

■一般社団法人ソーシャル・デザインについて
 http://social-design-net.com/about_us

■ご意見、ご感想、ご相談はこちらのサイトの右下の「MessageLeaf」のタブを
 クリックしお送りください。私のみへの非公開メッセージとして送られます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を