コーヒーのカスで「キノコ」を栽培することができるコーヒーマシーン

[2016/7/24]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

fe341640395677.5780444c3823e

葉もの野菜だけではない。キノコまでもリビングで気軽に栽培される日は近い。

コロンビアのデザイナーAdrian Perez氏とMauricio Carvajal氏が企画した「HIFA」は、コーヒーカスを利用してキノコ栽培までできてしまうコーヒーマシーン。

process  
コーヒーを淹れると、全体の99.8%がゴミになる。出てくるカスをどのように再利用するかはいつの時代も課題であった。コーヒー豆のカスがキノコ栽培に使われることはこれまでもあったようだが、マシーン上で栽培を実現してしまおうというのだから画期的だ。

ご覧のように菌糸を入れて、生育させる開口部に水を振りかけていく。

スクリーンショット 2016-07-24 22.23.03

すると、20日ほどでキノコが成長してくるという仕組みだ。キノコ好きにはたまらないかもしれないが、見た目はかなり独特。しかし、その発想に刺激を受ける。

スクリーンショット 2016-07-24 22.01.28

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

 

fe341640395677.5780444c3823e

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を