指先でどれだけクリエイティブなアウトプットを行なえるかが「生産性」の重大な差となる

[2017/1/5]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2017-01-05 11.21.41

仕事の生産性の問題が、切実になっている。ツールを使いこなす差、習慣の差、日々PDCAを繰り返す差が、仕事の生産性に驚くべき差を生み出す時代だ。

今年は指先でどれだけ生産性を高められるかに注力するべき年だ。

startupstar」は、日常の業務を、スマホチャットでサポートしてくれるサービス。主にスタートアップ用であり、マーケティングやリサーチ、コンテンツ制作を行なってくれる。

チャットで呼びかけることによって、オンラインワーカーが、インフルエンサーを見つけたり、SEOの最適化をしたり、ソーシャルメディアに投稿したり、ユーザーテストをしたり、ブログ記事を書いたり、パワーポイントを作ったり、チャートを作成してくれるのだ。

私たちはスマホを利用することは多い。しかし、それがうまく生産性に繋がっているかというと、疑問に感じる人は多いだろう。インプットをしている人は多いけれども単なる消費になっていないか?自身の不安を掻き立てるだけになっていないか?逃避行動になっていないか?重大な問題である。

それをアウトプットにつなげる努力をしている人は意外と少ない。日々、高度なアウトプットを量産し、そのための環境改善作業を積み重ねている人はもっと少ない。

2017年は、そういったことにも取り組む必要がある年だ。テクノロジーを存分に活用しながら、アウトプットのための環境作り、習慣作り、PDCAサイクル作りを意識していきたい。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

スクリーンショット 2017-01-05 11.21.41

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を