【特集】空間貸マーケットで人気スペースになるための3つのファクター

[2017/3/1]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ikejiri

皆さん、はじめまして。池尻セレクトハウスの竹岡剛志と申します。

日本大学卒業後、生命保険会社のアフラックに入社。その後、30歳で家業の不動産会社である和光建物株式会社へ転職しました。不動産を用いて「暮らしや場を華やかに楽しめる場」とするべく、DIY賃貸の推進や空間レンタル「池尻セレクトハウス」の運営を手掛けています。

「池尻セレクトハウス」を始めて1年目である昨年は、スペースマーケットにて「BESTホスピタリティ賞」を受賞することができました。お陰様で、人気スペースとして日々成長しており、現在2店舗目を検討中です。

ここでは、空間貸マーケットで人気スペースになるための3つのファクターを共有させていただきたいと思います。

池尻セレクトハウスとは?

池尻セレクトハウスは、築35年の2階建の戸建てを1階・2階それぞれ違ったコンセプトの空間に設計し、レンタル空間としての運用しています。更にそれだけにとどまらずショールーム機能も有する場となっています。

ショールーム機能の意味ですが、池尻セレクトハウスは『デザイン/ペイント/家具/壁紙/Iotシステム等』複数の他業種企業と協業しています。空間を利用するお客様が各社の商品を実際に、目で見て・触って・使用する事が可能であり、気に入れば各社を通じて購入する事が可能です。

続いて、『選ぶを楽しむ自分らしい住まい方』をコンセプトとし、1階は「プロ施工」2階は「DIY施工(一部プロ施工あり)」と異なる空間としています。

1階と2階を使用する中で、プロとDIYの差などを体感いただき、自身の住まいを創っていく際にどちらがより自分に合っているか?などを感じて頂ける作りにしています。

なお、2015年12月に「池尻セレクトハウス」の空間は誕生しましたが、そこで完成という訳ではなく、ご利用者の方々の声やニーズに合わせて空間を日々進化させており、現在2階にある「和室」や「森&ウッドデッキの空間」はそれぞれOPEN以後に模様替えを経て誕生した空間となります。それが、こちらです。

スクリーンショット 2017-02-28 9.49.34

コンセプトやショールーム機能をより広めていくためには、多くの方に空間を認知して頂く必要があり2016年1月より空間貸を開始致しました。毎月平均300名・月25回程度のご利用者にお越し頂き、主に「撮影、パーティ、オフサイトミーティング・イベント空間」としてご利用頂いています。

撮影を通じたメディア露出による幅広い認知度向上と、実際に空間をご利用頂く事によってのファン獲得の2つを両輪として、認知度・ファン拡大を図っております。 

ikejiri3

人気スペースになるためのファクター

数え切れないほど多くのレンタル空間がある中で、お客様に選ばれ続けていくためには様々な要因(ファクター)が存在しています。

実際に私が1年間、空間運営をしている中で重要だと感じた3つの要因は次の通りです。

① 利便性② 非日常性 ③ 体験性(目的の達成)

1つ1つを簡単に解説致します。

① アンケートで利便性を日々向上
→空間をレンタルする上で多くの人は、「自分または利用するメンバー集団にとってその空間が目的を達成するのに適しているか」を検討する事になります。つまり多くの方にとって利便性が高いと判断される事が、空間をレンタル頂く上で最重要なポイントの一つとなります。 

利便性の大きなファクターの一つは立地です。ただ既に空間を取得している場合は、当然立地を選ぶ事ができません。池尻セレクトハウスは、渋谷駅より一駅の池尻大橋が最寄りとなり、場所的には都心から近く恵まれているように思われますが、実際は駅から徒歩約10分程度と決してベストなロケーションにある訳ではありません。

このロケーションでも多くの方にご利用頂いているのは、立地以外の利便性が高い事が挙げられます。 例えば、自分達で料理を作りホームパーティを検討しているグループにとって、「キッチン・コンロ・調理器具・オーブン(レンジ)等」は欠かすことができない物であり、それらを満たしている場合はレンタル先の候補として残っていく事になります。

同様に企業のオフサイトミーティングでは、「投影用設備・ホワイトボード・WiFi」の各設備が求められる事が多い。どのような利用を増やしていきたいかによって、求められる設備・備品等は異なってくるものの、様々なシーンのレンタルを考えていく場合は、その利用で何が求められているかを細かく把握し、設備や備品を備え付けていくことが非常に重要となります。

池尻セレクトハウスでは、もともと調理器具やWiFiといった備品が当初から導入されていた訳ではなく、お越し頂いたお客様へのアンケートを中心に備品を導入し続けています。

最近では、レゴブロックやパズルマットといったお子様向けの備品を導入する事によって、今まで利用が少なかった子供連れでの利用が増えるなど、備品・設備等の幅を広げる事によって、結果、多くの方にとって利便性が高いと思われる要因となっています。

ただし、利便性が高いだけで、その空間を利用したいと思うでしょうか。もちろん値段が圧倒的に安い、求める場所にあるなどであれば利用は多くなるでしょうが、その空間の内装や雰囲気がどこにでもある様な空間、又は楽しめるイメージが湧かない場合はなかなか利便性だけでは難しいと思われます。そこで利便性と併せて大事になるのが「非日常性」というキーワードとなります。

② クリエイティブに非日常性を演出
→池尻セレクトハウスのメインとなる1階リビング・キッチンは、ブルーの壁面・家具が特徴の空間となります。これまでご利用頂いたお客様へのアンケートによると「ブルーの壁面が目を引いた」「ソファーがオシャレ」「オシャレな空間でパーティが盛り上がりそう」「白い会議室では浮かばなそうなアイデアが出てきそう」などのご意見を頂く事が多い。

これがどこにでもある白い壁紙と設置されている家具がチグハグであれば、上記の様な意見が出るのは難しいと思われます。つまり、敢えて「ここ」を使いたいと思って頂ける様な場である事が大事だと考えています。

また、非日常性と関連する中に季節感のある空間も大事な要因だと考えています。 昨年は3回(夏:マリン仕様 秋:ハロウィン仕様 冬:クリスマス仕様)季節に合った内装にチェンジをし、その空間だから使用したいというお客様が多くいらっしゃいました。

特に冬のクリスマス仕様の空間は、ネスレ日本株式会社(PERRIER)と株式会社スペースマーケットとコラボレーションし『とびっきり Party Market』(バーテンダー付き!)と題したクリスマス仕様の非日常の空間でパーティを楽しめるというキャンペーンを開催し、400名を越える方にお越し頂きました。つまり、季節感の中でもより非日常感(ここでしか味わえない)を演出する事が大きな要因であると感じています。

スクリーンショット 2017-02-28 19.19.56

そして、2017年3月1日より新たな試みとして『室内で楽しめる花見空間』をOPEN致します。 天井に無数のフェイクの桜・イルミネーションLEDライト、床に人工芝を施工する事によって、天候や気温・花の咲き具合を心配する事なく室内で楽しめる空間です。

17015517_1854712738079263_327660520_o

17036799_1854712731412597_1828177753_o

17091106_1854712734745930_45830927_o

4月下旬まで「室内で楽しめる花見空間」を演出していますので、ご興味のある方は是非こ期間に池尻セレクトハウスをご利用ください!

さて、このような非日常性や話題を提供していく事によって、過去に使用した方が飽きない空間・これまで使用を検討しなかった新たなお客様層の発掘に繋がるのではないかと考えています

③その場で共有される「体験」をイメージし、潜在ニーズを細やかに汲み取る
→ 池尻セレクトハウスをご利用頂く方の1回の平均利用人数は10名程度ですが、最少で2名最大で40名弱の利用を頂いた事があります。コワーキングスペースではないので1名での利用がないのは当たり前といえば当たり前ですが、逆に捉えると”必ず誰かと空間を使用し、その時間を体験(シェア)している”という事になります。

例えば、パーティといっても多種多様な使用があり、これまでに「友人同士の集まり、女子会、同窓会、送別会、結婚式2次会、ママ会、ファミリー会、etc…」といった多くシーンに活用頂いています。

そのようなシーンに池尻セレクトハウスを選んで頂いている要因には、上記記載の「利便性」「非日常性」も大きく影響をしていると思われますが、その場を通じ、参加者同士が楽しめる、又は目的を達成できる結果が、イメージできる空間又は内装(設備)である事が、大事だと考えています。

つまり、利用者が共有する空間、時間に細やかに思いを馳せて、オーナーが細やかな心配りをしていくということです。池尻セレクトハウスで言えば、置いておくCDの種類に気をつけたり、台として「木の樽」を設置したりしています。利用者から直接声があったわけではありませんが、このようなものがあることで、より体験価値が上がるだろうと思い、用意をさせていただいています。

最後に  

池尻セレクトハウスを始まるまで空間運営に携わった事などありませんでしたが、運営やお客様との対応を通じて、多くの方が心地よい空間を求めている事を実感しています。  

また、お客様にとって大事な時間に、幸福感や満足感を得られた一つの要因には、空間が起因している事を聞いたりすると、空間貸を行っている意義や、やりがいを強く感じる事ができます。  

人口減少に伴い空き家が社会現象になっており、今後も更に大きな課題になっていくと思われますが、空き家の有効利用また、その空間を盛り上げる事による周辺地域の活性化など、大きなメリットがあると考えています(周辺地域との連携からのスタートでも良いかと思います)  

今回は私がこの1年行ってきました「池尻セレクトハウス」を通じて感じた事を述べさせて頂きましたが、空間貸し事業をやっている方、また将来的に都内や地方で考えている人に向けて少しでもご参考になれば幸いです。  

ご質問や実際に空間を使用してみたいなどございましたら、下記「池尻セレクトハウス」ホームページ内にあるフォーム等よりご連絡頂けたらと存じます。

池尻セレクトハウスHP:http://ikejiri-select-house.p2.weblife.me/
和光建物株式会社HP(運営会社) :http://www.wako-tatemono.jp/ 

ikejiri2      

17015517_1854712738079263_327660520_o

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を