あらゆる衣類がロボットアームと自動ミシンで縫われていく時代へ

[2017/2/9]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2017-02-09 16.43.52

編み物は、ホールガバメントによって自動化していくが、それ以外の衣類も自動で縫われていく日は遠くない。

【参考】
オンライン上でデザインして、お店で出力するというファッション購入の近未来

ロボットアームと自動ミシンで縫いものを進める「Sewbo」が今、着々と進化を続けている。ご覧のようにロボットアームが布を掴みんで、ミシンにまで持っていく。

スクリーンショット 2017-02-09 16.54.48

セッティングされた布をミシンが自動で塗っていくのだ。決して簡単ではない緻密な動作だが、その精度は確実に上がってきている模様。

スクリーンショット 2017-02-09 16.55.08 
より多様でデザイン性に優れた衣類が低価格で市場に投下されていく。当然、在庫も極めて少なくできるだろう。一方で雇用における問題は当然叫ばれる。世界における50兆円を超えるファッション業界が再編する中で、人は何を仕事としていくのか。問いは決して軽くはない。

しかし、1つ言えることは、創造性と研究、コミュニケーションへと向かわせることだけは分かる。人は、衣類を着たいわけではない。衣類を着るその先にあるものを掴みたいのだ。その先にあるものへの欲求を人間がサポートする。そういう時代となる。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

スクリーンショット 2017-02-09 16.43.52

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を