LyftとAiraが提携!誰もが行きたい場所に行ける社会を作る

[2017/12/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「視力」をテクノロジーと人的支援で拡張し、誰もが行きたい場所に行ける社会を構築する。

そんな理念を実現するため、ライドシェアプラットフォーム「Lyft」と視力をサポートする支援団体「Aira」がパートナーシップを組みました。

Airaは、ウェアラブルデバイス経由で、視力を遠隔サポートするプログラムを提供して成長する団体です。

この提携によって、視力のサポートが必要な方が、より安心安全に知らない場所に行けるようになります。例えば、遠隔地への旅行がしやすくなるわけです。

遠隔サポーターが、Lyftの運転手や車両情報を共有して、どこで車の到着を待てば良いのかまでをサポートします。Lyftでは割引が適用され、車が到着した後の目的地までの案内も行っていきます。

社会の安定と洗練された成熟をもたらす重要な要件は、その社会で力が弱いと思われている人が、しっかりとセーフティネットでカバーされ、更にはその可能性を伸ばしていけることです。

このような種類のパートナーシップが広く組まれていくことを望むばかりです。

via:web

 

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を