伝統工芸品×3Dプリンタ×○○の可能性。3Dプリンタで作った団扇「Maiko」

[2013/4/15]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

maiko-3d-printed-hand-fan

フランス人デザイナーPiergil Fourquieの最新のプロジェクトは、3Dプリントされた「Maiko」という団扇。

MAIKO, 2013

日本の芸者が使う竹で作られた団扇をイメージしたものです。

maiko-3d-printed-hand-fan-3

3Dプリントの材料は、ポリアミドを使用しており、持ち手は木製。かっこよくカラフルにデザインされています。

57_maiko-piergil-fourquie-workshop

「日本の伝統は、3Dプリンタと掛け合わせることで、世界にインパクトを与えることができる。」そんな素敵なインスピレーションを与えてもらえます。

 

 ハローキティ×螺鈿(らでん)プロジェクト

スクリーンショット 2013-04-14 22.41.29

ハローキティ×螺鈿(らでん)で誕生したiPhoneケースが話題になっています。

螺鈿とは、貝の真珠質の部分を磨き、貼付けていく日本の伝統装飾技法のひとつ。

この「ハローキティ 螺鈿(らでん) iPhoneケース」は、日本の伝統工芸品の再生、また高品質でデザイン性に優れた“Made in JAPAN”を海外マーケットへ向け、紹介・普及させていくプロジェクトです。

米国サンフランシスコにオープンした“Made in JAPAN”のセレクトショップ「KUSUYAMA」を中心に、日本含め世界中に販売開始していくとのこと。このように、伝統工芸品×○○という流れはありますが、これに3Dプリンタが掛け合わさることによって、大きな可能性が出てくると思うのです。

私が以前聞いた話ですが、ある何百年も続く老舗お菓子屋の店主に、あるリポーターが「やはり変わらない伝統の味が、何よりの秘訣ですね」と言ったところ、「いえ、時代に合わせ味を変えなければやっていけません」と答えたエピソードを思い出します。

つまり、老舗の定番だとしても、時代に合わせて変化をさせていかなければ、売れる続けることはないということです。当然時代によって、その変化の大小はある思いますが、変わるべきもの、変わらずにいるべきものを見抜き、変化を続けていくことが大切だということですね。

21世紀の産業革命たる3Dプリンタ革命、デジタルファブリケーション革命は、時代の大きな変化です。そして、ここには日本の伝統工芸品にとって、大きなチャンスが眠っていると思うのです。「伝統工芸品×3Dプリンタ×○○」というところに大いなる可能性を感じます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を