価値観の多様化は孤独感を生む

[2012/4/8]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今の時代は、既存のレールが壊れ、情報が多く、
価値観が多様化しています。

この価値観の多様化の良い面はもちろんあります。

選択肢を増やし、「より自由に生きること」は人々が
求め続けてきたことです。

しかし、この価値観の多様化で問題も起きています。

1つは「孤独感」の増大です。

「多くの人が選ぶ道」というものが少なくなり…
自由に選んでもいいよ!と言われても困る…

という社会的雰囲気が増大していきます。

この孤独感によって、社会はどうなっていくか?

それは、明確な価値観を提示し、選択肢を絞ってくれる
リーダー、そして、組織が指示されるということです。

また、その人、その組織がつくるコミュニティーに所属
することにより、この孤独感を満たしていくという社会
です。

現在のAppleやAKB48の異常とも言えるブレイクも、深い
ところで、まさにその孤独感を満たすところにつながって
います。

先日、東京都内の1世帯当たりの人数が1.99人となり、
統計が残る昭和32年以降で初めて2人を下回りました。

石原慎太郎知事は「ショック。家族というものがバラバラ
になりきった感じだ」と述べましたが、この「孤独感の
増大」はまだまだ続いていくことでしょう。

ソーシャル・ビジネス、社会的企業は、この社会の孤独感
をサポートしていくために、より明確に価値観を提示し、
コミュニティー育成エンジンを強化していく必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を