大手企業もクラウドソーシングを積極利用する時代に。攻めるGE

[2013/6/13]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2013-06-13 5.42.36

大企業がクラウドソーシングを”全力で”利用する動きが出てきました。やはり2013年は、クラウドソーシングが大きくキャズムを超えそうです。

米国エレクトロニクス企業大手GEは、3Dプリンタを使った「航空機用エンジンブラケット」のデザインと生産コンテストを開催。

クラウドソーシングを利用し、コンテスト形式でオープンイノベーションを加速させようとしています。

今回は、65万人以上の3Dデータエンジニアが参加しているGrabCadが、3Dデザインコンテスト部門を。

スクリーンショット 2013-06-13 6.00.40

参考)GrabCADがすごい!デジタルファブリケーション時代の3Dデータのインフラか!?

また、3Dプリンタを使った生産コンテストは、技術課題をオープンイノベーションで解決することを得意とするNine Sigmaと組んで行います。

スクリーンショット 2013-06-13 6.01.59

社内に止まることなく、世界中の人材、会社と積極的にコラボレーションをして「3Dプリンタを使った生産ネットワーク」を作る試み。

ジェットエンジンや医療機器部品などの3Dプリンタを使った製造を積極的に押し進める狙いがあります。

GE Open Innovation

今回の3Dプリントのデザインコンテストは、3Dプリンタが可能な「最高の航空機用エンジンブラケット」の3Dデータの作成です。

トップ10に選ばれたデザインは、1,000ドルの賞金。第2審査でトップ8に選ばれたデザインは、20,000ドルのプール資金から賞金が分配される仕組みになっています。

3Dプリント生産のコンテストには、第1審査を通過した企業最大10社へ受賞者へ賞金を5000ドル授与。また、第2審査では、最大3社が5万ドルを受け取れるという流れ。

先日、GEはQuirkyが提携を発表したばかりですが、こちらも良い動きですね。いろんな意味で、GEの本気度を感じます。

 

日本の課題「インターネットを利用したオープンイノベーション」

main22613

上の図は、3Dプリンタの地域別売上高の内訳。3Dプリンタの普及はアメリカ、ヨーロッパ中心に進んでおり、アジアの規模はまだまだ小さいことが分かります。

3D printing looks set to pack a $4B punch by 2025

21世紀の産業革命であるデジタルファブリケーション革命、メイカーズ革命は、「インターネット革命」の延長で起こってきている動きです。日本が得意とする「工業」の流れからではありません。「情報」「知識」の流れからなのです。よって、やはり欧米は強い。

そして、今後日本が最も出遅れる可能性のあるところが、GEが行っているような「オープンイノベーションへの適応」なのではないだろうか、と思っています。

日本の大企業も「広義のオープンイノベーション」は取り入れていました。大企業同士の連携であったり、下請け中小企業と連携です。

しかし、今起こっているオープンイノベーションの波は、インターネット上という解放された空間、また、個人ネットワークとの連携も意味します。

ここに置いては、まだ日本の大企業にとっては、未知の領域という会社も多いでしょう。ある種、これまでの日本の大企業文化とは、相容れない部分も多々あります。

ちなみに、クラウドワークスが、守秘義務契約(NDA)を事前に契約した人だけに限定して仕事を依頼できる「大企業向けクラウドソーシング」の提供を開始しました。

日本の大企業が、どのようにこのクラウドソーシングの大波を捉えていくのか。「2013年は『大企業とは何か?』が問われる年」とずっと言ってきましたが、雇用の流れ1つとってもまさに、そのような状況になってきました。

これからの「大企業の雇用文化」がどうなっていくのか、要注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を