アマゾンがクラウドファンディングを開始!「Amazon Birthday Gift」。そして次なる一手とは?

[2013/6/22]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2013-06-22 12.29.23

以前、ギフトに特化したクラウドファンディングAggregiftをご紹介しましたが、Amazon自身が同類のサービスを開始しました。

その名もギフト型グラウドファンディング「Amazon Birthday Gift」。

まずは、Facebookにログイン。

そして、誕生日間近の友人に対して、バースデーメッセージを記入します。

スクリーンショット 2013-06-22 12.34.20

自分で最初のプレゼント金額を入れて、ギフト型クラウドファンディングをスタート。

スクリーンショット 2013-06-22 12.35.35

共通の友人たちを選択し、クラウドファンディングの招待を飛ばします。

スクリーンショット 2013-06-22 12.37.05

それぞれが選べる金額は1ドル、5ドル、10ドル、25ドルからが基本のよう。

スクリーンショット 2013-06-22 12.37.57

皆でまとめた総額をAmazonギフトカードでプレゼント。

スクリーンショット 2013-06-22 12.38.24

Facebookタイムラインへ表示され、サプライズプレゼントとなります。

スクリーンショット 2013-06-22 12.38.50

おおお〜これは良いですね。かなり使われていくイメージが湧きます。

詳細動画はこちらから。

 

Amazonの次なる1手は、「オープンな商品開発プラットフォーム」

medium_5191274670photo credit: Wonderlane via photopin cc

電子書籍やKindle端末、クラウドソーシングやクラウドファンディングと矢継ぎ早に手を打ってくるAmazon。

【参考】
Amazonがハリウッドに入れ替わる!?クラウドソーシングは業界のコア部分をも民主化する

私は、Amazonの次なる巨大な一手は「オープンな製品開発プラットフォーム」だと予測しています。

具体的に言えば、米国のQuirky、日本のWemakeに近いサービスをアマゾンが展開してくる可能性があると思っています。

【参考】
すごい!クラウドソーシングとデジタルファブリケーションによって発明を再発明したQuirky
日本版Quirky「Wemake」β版がオープン間近!21世紀のものづくりのインフラとなるか!?

つまり、近未来のAmazon Birthday Giftは、Amazonで購入できる既存の商品だけではなく、デジタルファブリケーション経由で作られたオンリーワンの商品になっていくだろうということです。 

ソーシャル・メディアでつながった友人・知人皆が、Amazonのプラットフォーム上で「オンリーワンのネックレス」をああでもない、こうでもないと言いながらデザインして、誕生日プレゼントに送るという革命です。

その序章が今回のAmazon Birthday Giftだと思うのです。

ソーシャルメディア革命は、クラウドファンディング革命とクラウドソーシング革命を生み出しました。

そしてクラウドファンディング革命とクラウドソーシング革命は、デジタルファブリケーションと結びつき「オープンな製品開発プラットフォーム」を生み出すことでしょう。

ここでは、情報と物が融合を果たします。そして、新しいビジネスモデルの登場というよりも、「次世代のインフラ」としての威容を示していくのです。

 

【Social Design Newsから本が出ました】
ワーク・デザイン これからの働き方の設計図

workdesign_obi1

働き方は無限大。

組織や事業の寿命よりも、人が働く時間のほうがはるかに長くなった現代。
テクノロジーの進化と人々の価値観の変化によって、「働き方」が大きく変わりつつある。
メイカーズ、クラウドソーシング、クラウドファンディング、ソーシャルスタートアップ……「仕事の未来」には、無限の可能性が広がっている。
あなたは、どの働き方を選びますか?

さらなる進化を遂げるテクノロジーと新たな時代の価値観が出会ったことで、
これまで考えられなかった(あり得なかった)ような働き方が可能となった。
今、私たちの目の前には、数限りない働き方が存在する。
私たちは、自らの働き方を自分で選び、実行していかなければならない。
それが、本書の言う「ワーク・デザイン」である。 ――「はじめに」より

※Amazonの「なか見検索!」で一部内容を読めるようになりました。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を