共同消費の加速を目指して。近所の人から30分以内に必要なものを借りるアプリ「Peerby」

[2014/2/10]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Peerby – how does it work? from Peerby on Vimeo.

共有経済、共同消費の潮流も大きくなっていきます。

30分で近所の人から必要なものを借りることができるiPhoneアプリ「Peerby」。 

ペンチ、ドライバーなどの日用工具、アウトドアグッズ、ガーデニンググッズ、スポーツ用品、そして傘などの雨具なども借りれます。

使い方は至ってシンプル。アプリをダウンロードし、借りたいもの打ち込み送信します。対応できそうであれば、Peerbyから近所の人にその情報が配信。

貸し手は、1クリックするだけでその要望に返答することができます。そこで、借り手と貸し手のチャットが開始され、モノを借りるためのコミュニケーションが始まるという仕組みです。この方法で、貸し出し案件の80%が30分以内で完了するとのこと。このスピード感がすごい。

スタートアップ支援を行うTechstarsや社会起業家ネットワーク・アショカ財団などからも支援を受けている注目サービスで、ビジョンは「だれもが瞬時に共同消費にアクセスできる社会」とのこと。

モノのインターネットやスマートマシーンに目がいきがちな昨今ですが、共有経済系サービスからも目が離せません。

【参考】
空の産業革命が着々。ドローンが「共有経済」を加速させる可能性について

すり足でじわじわ広がる共有経済

medium_9786693112photo credit: {Zack} via photopin cc

日本でも大ベストセラーになった書籍「ぼくはお金を使わずに生きることにした」が発売されたのは2011年の11月。

そこから2年以上が経過していますが、昨日の新しい電子通貨SolarCoinの記事に対して、以下のツイートをいただきました。

 

日本では大きく取り上げられることは少ないですが、”貨幣に依存しすぎない生活”は着実に広がりつつあるのでしょう。

イノベーター理論から考えると、日本で明確にこれらの動きがメインストリームの1本として一般認知されていくのは、2017年、2018年くらいからと予想されます。いずれにせよ、要注目トレンドです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を