ドローンによる映像販売の世界的プラットフォーム「Airstoc」

[2014/11/23]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2014-11-23 9.13.08

 ドローンマーケットの急拡大は、その影響をあらゆる業界に広げていく。

Airstoc」は、高品質で格安なドローン動画のマーケットプレイス。Sunrise(朝日)と検索すると、次のように176個の関連動画が現れる。

スクリーンショット 2014-11-23 9.11.56

こちらは、朝日と海に向かってサーファーが走っていく映像。この後ろからドローンが追いかけ、追い越していく。まさに映画のワンシーンのようだ。ちなみに価格は250ユーロ(約3万6,000円)

スクリーンショット 2014-11-23 9.12.28  
こちらは、夕日の沈む海をドローンで撮影した映像。幻想的で、いろいろなシーンで使えそうだ。こちらも250ユーロ(約3万6,000円)。

スクリーンショット 2014-11-23 9.10.02

自分が求める映像を撮影するために、このプラットフォームを通じて、ドローン撮影者を雇うことも可能。映像の撮影コストが劇的に下がっていくことは、この動画時代の大きな福音となりそうだ。

個人映像が、”思い出”を超える時

shutterstock_187685681PHOTO: vintage photo of movie from Shutterstock

未来の働き方の1つに、このような映像制作は、間違いなく柔軟なファクターとして存在する。

現時点で、山の手線が、Youtuberの広告で満ちる時があるわけだが、その鮮烈さは、これから年々増していく。

個人が撮影する映像は、これまでほとんどの場合、”思い出”に紐づいていた。それは、親が子供の動画を残すために必死にスマホをかざすようにである。

今でも、私の実家には、小学校卒業時にもらったビデオが残っているが、それは、6年時の担任が、当時の大きなビデオカメラで1年間児童を撮影し、編集したものである。このように、常に、個人が撮影する映像は、メモリアルなものだった。

しかし、これからの個人撮影する映像は、商業社会の中に確実に飲み込まれていく。”飲み込まれる”というと、ネガティブな印象かもしれないが、それは、”新たな働き方”というコンセプトの中で、うまく昇華されていく。

映像の民主化が、これからの働き方を支えるワンピースとして認識される日はいつなのか。その物語の序章は少なくとも今始まっている。

 

※2015年の経済社会を予測した書籍「2015年 日本はこうなる」(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)のドローン部分で一部協力させていただいた。ご興味のある方は、是非。 

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を