売上拡大期にパタゴニアがあえて”衣料の交換キャンペーン”を行う意味

[2014/11/28]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

tumblr_nf7ictKxcb1s0u0x3o1_1280

パタゴニアの一手は、ソーシャルビジネスというありふれた切り口からは、もはや語れない。

今回のブラックフライデーに打ったパタゴニアの一手が興味深い。ブラックフライデーとは、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日であり、年末のクリスマス・セールが始まって、大きく消費が伸びることからそう言われる。

そんな売上拡大期に、あえて消費を抑えるようなキャンペーンをパタゴニアは打つのだが、今年のキャンペーンは、”パタゴニア製品を交換する”というキャンペーンだ。

Worn Wear® Stories | Presented by Patagonia

自分が持っているパタゴニアの衣類を、全米8つの店舗に持っていき、自分が欲しいパタゴニアの古着と交換することができる。

その店舗に自身が欲しいと思う衣類がなければ、オンラインのプロダクト交換プラットフォームであるYerdle経由で、数千のパタゴニア製品から選ぶことができる。

成熟した社会の消費スタイルへ向かって

shutterstock_185743400PHOTO: Unrecognizable woman shopping from Shutterstock

未来の人たちは、現代の”消費社会”をいったいどのように評価するのか?

どんなに当たり前になっている概念も、それが生まれた瞬間があり、培われてきた歴史的な流れがある。

例えば昨今の、スーパーセールと題して行われる超消費キャンペーン。それは、現代の経済社会が、当然の帰結として行き着く先であった。

「成熟」というキーワードが、ここ数年脚光を浴びている。それは多くの場合、一人一人の人間性という語り口で説かれている。しかし、その先にある巨大な語り口は”人類の成熟”という社会的論点である。

もし、人類が成熟、時に進化という文言で語られる方向へと進むのなら、そこにはいったい何があるのか?そんな問いが今、私たちの目の前に突きつけられている。

ここの回答を出すべく、それぞれが、現状と取っ組み合っていく活動の数々は、人類史上の偉大なる試行錯誤の形跡として、歴史に厳然と刻まれていく。今回のパタゴニアのキャンペーンも、きっとその例外ではないだろう。

tumblr_nf7ictKxcb1s0u0x3o1_1280

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を