手書きの手紙をロボットが代筆し、送ることができるサービス「Bond」

[2014/11/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2014-11-28 19.02.58

待ちに待っていた!という声も多そうだ。

Bond」は、ロボットがペンで手書きの文字を書いて、手紙などで送ることができるサービス。

スクリーンショット 2014-11-28 19.05.07

既存の手書き文字スタイルから選ぶ場合は無料で、自分の手書きの文字を登録する場合は、199ドルの費用がかかる。更に、専門家に依頼して、手書き文字を美化させるためのカスタマイズには499ドルがかかる。

スクリーンショット 2014-11-28 19.04.52

PCからはもちろん、スマホからもメールを打つようにテキストを打ち込んで、手紙を送ることが可能だ。ビジネスマンにとっても、重宝しそう。

スクリーンショット 2014-11-28 19.05.26

基本、1通2.99ドルで送れて、企業に合わせたカスタマイズプランも提案してくれるようだ。

手書きの手紙を書きたい、でも時間や場所がそれを許さない、ということも多いだろうが、このようなステップで、メールではなく、手紙が書けるなら、利用したいと思う人は少なくなさそうだ。

心を支援するテクノロジーの潮流

shutterstock_125937926PHOTO: Unrecognizable woman shopping from Shutterstock

人間と機械のコラボレーションは100年以上、そしてコンピューターと人間もここ数十年の歴史がある。

機械は人間の筋肉を拡大・強化し、物理的な力を強めることを推進した。コンピューターは、人間の神経細胞を強化するかのように発展したが、焦点が当たりがちだった点は、常に”効率”であった。

しかし、2010年代に入ってから潮流は大きく変化してきている。コンピューターやデジタルサービスは、より繊細な人の心をサポート・強化する力を各所で要求されるようになっている。例えば、人の心を象徴的に示すLineスタンプなどはその典型であり、ソフトバンクのペッパーくんは、この分野における大実験の様相を呈している。

テクノロジーと心は、一見矛盾するテーマのようであり、違和感を感じる人も少なくないだろう。

しかし、より良いカタチで止揚し、昇華されるていくだろうと私は感じている。いずれにせよ、人類にとって最大のチャレンジの1つとして、注目していきたいテーマである。

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を