リモートワークのキュレーション情報を配信する「Remotive」

[2015/1/28]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-01-28 10.49.15

「2020年には、労働人口の50%がリモートワーカーになる」そんな話を3年前にした時は、ピンと来る人は少なかったように思う。

しかし、今では、それも現実的な話として、多くの業界の人々に受け止められるようになった。クラウドソーシングサイト最大手oDeskが発表する2015年の働き方予測も、説得力増して受け取られている。

・クラウドソーシングが、リアルな代理店を上回っていく

→デザインや開発、マーケティングや翻訳などの諸領域において、バーチャルで活動する人、企業の数が、リアルで活動する人、企業の数を上回っていく

・クラウドソーシングマネジメントが、コアスキルとなる

→oDeskとElanceにおいて、2014年は開発における仕事の規模は4億8400万ドルにも及んだ。これらのマネジメントが、最も重要な要素となる

引用元: 2015年の働き方予測。バーチャルがリアルを追い越す時 | Social Design News.

遠隔で働く選択肢は、これからの”普通”になる。それを加速させるための、リモートワーク支援サービスは、まだまだ可能性が大きい。

リモートワークと言う場合、大きくわけて次の2つある。

・企業に所属しながら行うリモートワーク
・どこにも所属せず個人のリモートワーカー(クラウドワーカー)として働く

後者は、現代のクラウドソーシングムーブメントが後押しをしているが、一方で前者の「企業に所属しながら、リモートワーカーとして働く」という選択肢を後押しする流れは、もう少し大きくなってもいいと思っている。(この2つはいずれは、高度に融合されていくのだろうが)

それを支援するのが「Remotive」だ。主にスタートアップにおけるリモートワーク情報をキュレーションして配信してくれる。現時点で、700の都市、3,000人以上のリモートワーカーにその情報が配信されている。

働き方の選択肢を増やすためにも、リモートワーキングのトレンドを加速させるサービスが、日本においても益々多く登場することを願っている。

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を