アプリを作るコストを瞬時に見積もる「How Much To Make An App」

[2015/1/30]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-01-30 9.33.31

シンプルであるが、素晴らしいマーケティング方法である。

How Much To Make An App」はその名の通り、8つの質問に答えるだけで、アプリ開発の概算の見積もりを知ることができるサービスだ。

1つ目の質問は、Android、iOS、もしくは両方で動くのものとするかについて。

スクリーンショット 2015-01-30 9.33.46

2つ目の質問は、ログインについて。Eメールにするか、ソーシャルメディアアカウントにするか、そもそもログイン機能をいれないのか、それも分からないという状況なのかを選択する。

スクリーンショット 2015-01-30 9.34.53

3つ目は、個人のプロフィールについて。作るか、作らないか、もしくは分からないかを選択。

スクリーンショット 2015-01-30 9.50.57

4つ目は、マネタイズについて。最初にアプリを購入してもらうのか、アプリ内の課金なのか、それとも無料なのか、まだ分からないかを選択。

スクリーンショット 2015-01-30 9.35.40

5つ目は、レビュー機能について。レビューできるようにするのか、しないのか、まだ分からないかを選択。

スクリーンショット 2015-01-30 9.36.06

6つ目は、WEBと連携をさせるかどうか。APIを作るかどうかについて。

スクリーンショット 2015-01-30 9.36.55     
7つ目は、アプリのインターフェイスのデザインについて選択する。

スクリーンショット 2015-01-30 9.52.23

最後は、アイコンの作成をするか、しないかを選択する。

スクリーンショット 2015-01-30 9.38.34

すると、ドーン。概算の見積もりが出てくる。ちなみに、それぞれの質問を選択をすると、サイトの右上に、途中経過の見積もり状況も見れるようになっている。

スクリーンショット 2015-01-30 9.39.45

ちなみに、最後は、WEBサイト製作やアプリ開発のクラウドソーシングサイト「Crew」がレコメンドされる仕組みとなっている。この流れから、アプリ開発を依頼していけるということだ。このサービスは、いわゆるアプリの開発を発注してもらうためのマーケティング及びディレクションを兼ねている。三方良しのサービスであり、支持されていきそうである。

【クエスチョン】
・いくつかの質問に答えるだけで、概算の見積もりを瞬時に出すマーケティング手法が導入できないか検討してみよう!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を