プリクラマーケットにまで影響!?スマホをインスタントカメラにする「Prynt」が大人気

[2015/2/2]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-02-01 18.10.20

この方向性の中に、インスタントカメラの未来があるに違いない。

フランスのスタートアップが開発した「Prynt」は、iPhoneやGalaxyをインスタントカメラにすることができるデバイス。Kickstarterでは、あっという間に5万ドルの目標金額を達成し、現時点で29日を残しながら、11倍以上の55万ドルを超える資金が集まっている。

このように、スマホにスライドして挿入。

スクリーンショット 2015-02-01 18.10.59 
撮影をする。

スクリーンショット 2015-02-01 18.26.21

わずか30秒で、2インチ×3インチの写真が現像されてくる。

スクリーンショット 2015-02-01 18.12.07

飲み会やパーティ会場で、こんなツールを持っていたら、一発で人気者だろう。

ちなみに、この製品が進出してくる場は、インスタントカメラマーケットだけではない。自ずとプリクラマーケットにも響いていくことだろう。

アプリ経由で、写真をプリクラのように加工していくことも可能になるだろうし、気になる印刷価格もプリクラより安い。1枚辺りの印刷金額は0,5ドルである。

重さは225グラム(iPhone6は129グラム)あるので、多少の持ち歩いている感はあるのだが、この製品がより軽く、薄く進化していく中に、”未来”が存在している可能性は高い。

【クエスチョン】
・自社商品をスマホアプリと連動させて、より便利に、またはより楽しくするアイデアを考えてみよう!

スクリーンショット 2015-02-01 18.10.20

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を