アルツハイマーが治る時代へ。健康寿命を伸ばす人類の挑戦。

[2012/7/22]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Bowdian stain 1” BY User:KGH (CC:BY-SA 3.0)

先日、ある脳科学者の方と話す中で「アルツハイマーはなかなか手に負えない…」
とおっしゃられていました。

しかし、アルツハイマーが予防できる時代が到来するかもしれません。
——————————————————————————————-

1,800人のアイスランド人のゲノムを分析したところ、APP遺伝子の中に、
アミロイド斑の形成を減らし、 アルツハイマー病と認知機能低下を防ぐ突然
変異が見つかった。

もし、ある遺伝子の中にある突然変異のおかげで、その遺伝子がつくり出す
タンパク質が、酵素から攻撃を受け人体に有害な毒性物質に変化することを
防ぐことができるならば、この突然変異には予防効果があると考えることが
できる。

それは、有害物質と関連する病気が発生するのをくいとめる盾となる。
これが、7月12日にカリ・ステファンソンが率いるレイキャビクのアイス
ランド大学と遺伝子解析企業deCODEジェネティックスの研究グループが
『Nature』で発表した研究の内容だ。

彼らはAPP(アミロイド前駆体タンパク)遺伝子の中に、アルツハイマー
の発生と、年齢に伴う認知機能低下を予防する、ある突然変異を見つけだした。

引用元: アルツハイマーを予防する遺伝子発見? « WIRED.jp.

——————————————————————————————-

多くの高齢者、家族にとって、どれだけ希望となる研究でしょうか!
 

健康寿命がどれだけ伸ばせるかが課題

photo credit: Halasi Zsolt via photo pin cc

厚生労働省は今年2012年に初めて、介護を受けたり寝たきりにならず、
健康に日常生活を送ることが可能な期間を示す「健康寿命」を初めて
発表しました。

結果は、平成22年で男性が70.42歳、女性が73.62歳でした。

厚労省発表した「平均寿命」では、22年で男性が79.64歳、女性が86.39歳
なので、健康寿命との差は男性で9.22年、女性で12.77年となっています。

「10年も寝たきり???介護を受けながら生活???それは嫌だ!
長生きしたとしても、楽しく長生きしたい! 周りに迷惑かけたくない!」
これが多くの人の叫びでしょう。 

高齢者の4人に1人がアルツハイマー型認知症を発症していると言われる現在、
健康寿命を伸ばすには、このアルツハイマーをどうにかしなければならない
という思いが強くありました。

しかし、「脳」への対処ということで、非常に難しい分野だろうと感じて
いました。しかし、今やこのアルツハイマーの研究も加速的に進んでいる
ようです。

この研究から「アルツハイマーは博物館行き」の世の中へ向けて、素晴ら
しい予防、治療が生まれることを期待します。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を