【コラム】その発言の裏にある原体験を想像していくこと

[2015/8/16]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

night-clouds-summer-trees-large

その発言の裏にある原体験を問い続けられる自分でありたい。

世間には、無数の意見が溢れている。思いもよらないところからの変化球に驚くことも少なくない。しかし、その意見は、ただ人を、意見を、否定したいということだけではない場合がある。

つまり、二元論的思想を、その人が単純に宿しているというわけでない場合も少なくない。

その時問うべくは、その人の原体験だ。その人がなぜそのような発言をするに至ったのか。その背景には、常に驚くべき事象が隠れている。

発言を単純に批判することは簡単だ。自分なりの解釈を加えることも容易である。しかし、それをするほど相手は頑なになっていく。

そんな時は、同じ人間という視点から、その人の原体験を聞いてみる。すると、突然に親近感が湧くことがある。もちろん、簡単に原体験を語ってくれないことも多いだろう。

場合によっては、原体験が複数ある場合もあったり、本人がそれをうまく把握しきれていない時もある。

しかし、そこで大事なことは、その原体験を聞き手が想像していくことだ。その背景を感じ取ろうと努力していくこと。時に、その人の無意識層にまで意識を向けて聞き入ろうとすること。

その繰り返しの中に、人間としての成熟の道があると信ずる。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を