一度に5杯のコーヒーを丁寧に淹れるロボットコーヒーメーカーが普及する

[2015/12/17]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-12-17 11.51.01

ブルーボトルコーヒーで一杯一杯丁寧に淹れるコーヒーを飲んだ。難点は、その待ち時間だ。美味しいことはいいのだが、コーヒー1杯を淹れるのにけっこうな時間がかかる。よって、混雑時の待ち時間はかなりのものとなる。

Poursteady」はそんな手間を省くためのロボットコーヒーメーカーだ。まるで手でお湯を注ぐように、丸く円を描きながらお湯を注いでいく。一度に5杯まで淹れることができるため、待ち時間は大幅に削減される。

スクリーンショット 2015-12-17 11.53.22

コーヒーショップに導入することはもちろん、このようにモバイルコーヒーショップに搭載することも可能だ。

スクリーンショット 2015-12-17 11.52.40

2016年から販売が開始され、1台あたり11,900ドル(約146万円)となっている。コーヒーという安い単価の商品であるがゆえに、味がどれだけよくなり、待ち時間が少なくなる分、どれだけ顧客満足度が高まるのかを見えるようにすること、更には人件費がどれだけ削減されるのかをしっかりとシュミレーションされていくことが必要だろう。

ハンバーガーはロボットが作る」ようになり、大量の美味しいコーヒーもロボットが淹れるようになっていく。

 

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、発売1ヶ月半で5刷に突入!

cover

【参考】
【BBM】『ビジネスモデル2025』長沼博之・著 vol.4122
Newsweek日本版「コストゼロ&シェアの時代のマネタイズ戦略」
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を