郵便局2.0。地域の商品を販売するデジタルポップアップショップを展開!

[2015/12/23]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2015-12-23 13.26.45

オーストラリアの郵便局が新たな取り組みをはじめている。

郵便局の中にポップアップストアを作るという発想だ。商品サンプルを置いておき、購入は画面からオンラインで行うというもの。

スクリーンショット 2015-12-23 13.26.23

地域の小売店にとっては、自店の商品を新たな顧客に知ってもらうキッカケとなり、更にその場で購入もしてもらえる。郵便局としてもそれが郵送されるわけで、ビジネスにつながるというわけだ。(他の物流会社との差別化要因ともなる。また販売手数料を多少もらって良いだろう)

これは地域活性化モデルである。日本においても郵政が上場したわけだが、これからより明快な将来のビジョンを示さなければならない。例えば、インバウンドの流れ1つとっても、それをうまく活用しない手はない。

店舗を持つことができない小規模事業者を支援するカタチで、郵政が新たな地域PR&物販モデルを展開してくれたなら、各地域の事業者は嬉しいはずだ。世界の郵便局が新たなフェーズを目指し動いている。

Australia Post : Web / Youtube

 

 

※新刊「ビジネスモデル2025」が、発売1ヶ月半で5刷に突入!

cover

【参考】
【BBM】『ビジネスモデル2025』長沼博之・著 vol.4122
Newsweek日本版「コストゼロ&シェアの時代のマネタイズ戦略」
「ビジネスモデル2025」で紹介した”価値消費ピラミッド”と21世紀の消費について
新たな経済パラダイムとビジネスモデルが出現する。新著「ビジネスモデル2025

スクリーンショット 2015-12-23 13.26.23

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を