【コラム】目の前の一人の苦しみを察し、それを取り除くことに情熱を傾ける

[2016/3/6]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

imNop2O1Rit190cSkxXv_1-7069

テクノロジー情報によってカラフルに彩られた社会。毎日のようにあっ!と驚くようなニュースが世界を駆け巡る。時代は光も闇も両方を包み込みながら激走を続ける。

その疾走に、私たちは足元のこと、目の前の1人を軽視しがちになる。衝動的に知りたいと思う情報に無意識的にアクセスし、常に水平的な思考を働かせる。そして、相対的な視点ばかりで物事を見つめていく。まさにそれは、自分自身が機械になってしまったかのようだ。

しかし、この華やかなテクノロジー時代であればあるほど、足元を見つめ、目の前の1人を大切にする必要がある。たった1つのことを時間をかけて深く思考し、情熱的に1つのことを信じ抜く精神の強靭さが必要になる。むしろ、ここが人間の人間たる所以として理解されていくのではないか。テクノロジーは、計らずとも人間という存在を裸にしていく。

その中で最も重要な人間の仕事は、人の苦しみを察し、苦しみを深く理解し、それを取り除くことに情熱を傾けることだ。その生命の叫びを呼びい出すことだ。

苦しみの重さに差はない。目の前の1人の絶望も、100万人の嘆きもその重さは本質的に同じである。軽い、重いはないのだ。だから足元を見つめるていくのだ。目の前の人を全力で励まし、支援するのだ。その一歩一歩の着実な歩みは、地道のように見えるが、最も近道であることも忘れまい。

テクノロジーの発展は、人間進化のビジョンと、何に集中すべきであるかという命題にまで、鋭い角度で迫ってくる。

 

オンラインサロンでもっと深い情報と交流、コラボレーションを。
Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

imNop2O1Rit190cSkxXv_1-7069

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を