「対面」の価値が増大する社会。リアルタイムで”潜在ニーズ”を把握するということ

[2016/5/25]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ruohonleikkuu

「リアルで会う」ことの価値は、テクノロジー時代であるからこそ益々重要な意味を持つようになる。

フィンランドの配送&郵便サービスの「Posti」が、芝刈りサービスまでも開始している。価格は、毎週火曜日30分で65ユーロ/月、同じく毎週火曜日60分で135ユーロ/月となっている。日々配達するスタッフが、芝刈りのお手伝いまでするのだ。

アプリ経由で何でもできる、というのは有り難い。Uberが「リアルタイムで、地域における需要と供給を瞬時にマッチングさせるプラットフォーム」を目指すことも、現代の流れからすれば当然だ。

しかし、そのニーズは、明確に顕在化されたものだけである可能性が高い。現場にいるからこそ、日々顔を見合わせているから分かることもある。潜在的に欲しているであろうことが、リアルで感じ入るから分かることがあるのだ。お金になることもならないことも、瞬間の潜在ニーズを把握する方法は、やはり対面だろう。

今や「業界」という概念は、ただ1つの経済的角度でしかなくなっている。つまり、その境界を飛び越して、皆が「人間」へと焦点を定め直している。「どのようにすれば、より人の役に立つことができるのか?」という商売の原点、否、人間の原点のようなものを、もう一度根底から捉え直すべきタイミングに来ている。このトレンドはもはや、経済という領域を越えて進行していっている。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を