【コラム】AIと人間。「責任」という重たい翼を使いこなして文明的進化を描く

[2016/5/26]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

pelican-sunset-clouds-florida-large

緻密なる情報空間で生きる中、AIと人間の協働が各所で始まっている。

ここまでか、と思うほど、細部にまで人工知能は入り込んでくる。その範囲は人間の予想を超えてくる。

しかし、「責任」という問題だけは、彼らに着せるわけにはいかない。トラブルが起こった時、それをロボットのせいにすることはできない。AIを相手に裁判を起こすことはできない。

人間に焦点が当たり、一人一人がテクノロジーを使いこなす時代であればあるほど、それに伴って責任はのしかかる。そこからは逃れることはできない。

一人の可能性は無限であると同時に、責任も同じく無限大だ。離れていながら人を傷つけ、社会を不安に陥れることは、いとも簡単な時代である。

しかし、責任があるからこそ人間は人間でいられる。人を思いやり、今に意味を見出し、明日を向かって力強く歩んでいける。

その中で、責任は人間を孤立からも救う。また、その責任をどこまで拡大できるかが、人間に密かに課された重要な命題だ。自分だけなのか、家族だけなのか、より広く会社や業界、社会、人類への責任を強めることができるのか?

責任を放棄すれば、孤独という牢獄が待っている。抱える責任を大きく育んでいかなければ、そこにあるのは単なる人生の停滞だ。

私たちは、責任という重たい翼を使いこなす時、はじめて進化を遂げた人類になる。AIはそれを教えてくれている。

 

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を