【コラム】情報のその先へ。今問われる「結論」の背景にあるもの

[2016/6/30]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

pexels-photo-large

どこからその結論が発露したのか?あらゆる場面において、そこまで観る必要がある。

頭から出てきた知恵なのか?腹から出てきた知恵なのか?そこが問題なのだ。

「行く」と決めた場合、それは「何のため?」、その問いでおおよそ、その結論がどこから出てきたものなのか、分かるものだ。

人間生活の中で、誰もが基本は自分のために動く。それは当然のことだ。しかし、今一歩それが何のためか?を深堀りする中で、その言動に体重が乗る。

人間、自分だけのためよりも、人のため、社会のためという大義と責任がのしかかった時に、本当の底力が発揮される。言葉としては同じ結論だったとしても、そこからの行動レベルで質が全く変化するのだ。

単なる評論は簡単だ。表層をうまく編集し、自分が都合の良いように考えることもまた然りである。しかし、巌のような現実はそう甘くはない。リアルはバーチャルのようにすいすいとは動かない。

同じ植物の種子であったとしても、その品質は全くことなる。それと同じように、結論は同じでも、そこから起こる「長期の結果」は、その種子が「何のためにどこから発露したのか?」で全く変わってくる。

つまり、結論が導き出されたプロセスによって、”長期の現実の質”が変化する。この差は、表面からは見えない。また、紙一重の差ようにさえ見える。しかしその一念の差は、長期において天地雲泥の差を生む。一日一日は分からなくても、1年見るとそれは明らかだ。それはまるで、ゆっくり成長しゆく木々のようであり、そこには優雅ささえ漂う。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

pexels-photo-large

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を