創造を手助けするチャットボット。投資家への10分ピッチをボットを利用して作り上げる

[2017/1/19]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2017-01-19 12.00.28

資金を調達するためのピッチに参加する勇気がでない。なぜなら、投資家から批判、拒絶され、自分のできない部分と向き合うことが怖いからだ。

そんな心理的な意味で、新たなチャレンジにストップをかけてしまうことは決して少なくない。しかし、その相手をまずはボットがしてくれたら?

Pitchbot」は、ハイパフォーマンスな23のVCや投資家と話して得られた知見を元に作られたチャットボットサービス。ボットからの質問に回答する中で事業をブラッシュアップ、ピッチ用のプレゼン作りがサポートされていく。

まずは、次のように誰のためのプレゼンを作るか選択する。VCなのか、アクセラレータなのか、エンジェル投資家なのか?

スクリーンショット 2017-01-19 12.00.46

そこからは、「そのサービスの市場規模はどれくらいですか?」など、ボットが質問してくる問いに答えていく。

スクリーンショット 2017-01-19 12.01.06

全ての質問に適切に答えていくと、事業のバリューエーション(時価総額)やいくらの投資がついてくるかのシュミレーションも表示してくれる。

スクリーンショット 2017-01-19 12.01.19 
結果、資金調達のため的外れにならないピッチ用の10分プレゼン資料を作ることができる。

多くの物事は、パターン化できる。ボットは顧客へのカスタマーサービスを超えて、創造の領域でも新たな価値を提示する。AIは私たちの仕事をよりクリエイティブにするためにサポートをしてくれるようになる。

 

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

スクリーンショット 2017-01-19 12.01.06

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を