Product Huntとの業務提携も。SocialDesignSalon内の動きが活発になっています

[2017/8/3]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2017-03-24 16.51.28

ソーシャル・デザインの長沼です。オンラインサロン「SocialDesignSalon」内の動きがより活発になっています。メンバーのつながりがより広く深まっており、あちらこちらでプロジェクトや事業が立ち上がっています。また、それぞれの仕事や事業を応援しあっています。

最近では、SocialDesignSalonからスピンアウトしたオンラインサロンが立ち上がったり、あるサロンメンバーの事業は、ProductHuntと提携もしました。今や誰もが新しいことに挑戦し、素早く海外とも連携・提携ができていく時代。100年キャリア時代でもありますし、小さな勇気を一歩を踏み出せるかどうかは、5年後、10年後のキャリア人生に多大な影響を及ぼします。

もちろん失敗もありますが、失敗なき挑戦、成功はありえません。今は多額の借金をしての挑戦、という時代ではありませんし、失敗はプラスにしかならないのです。

というわけで、最近のSocialDesignSalonのコンテンツタイトルの一部を紹介いたします。

・事業創造の源に変化の兆し。リアルとテクノロジーの新たな関係
・皆さんのVALUを買います!個人ICOをいかに活用すべきか?
・職業開発マトリックスを埋めて、一緒に事業を生み出そう!
・「◯◯◯」の日本版をどなたかやってください
・急成長する「Slice」の最大のKPIは、参加するローカルピザ屋の成功そのもの
・なぜ、世界は急速に「目的」へ意識を向け始めたのか?
・「尊敬の価値」の上昇。リサイクルした竹箸でインテリアブランドを立ち上げるということ
・丁稚奉公(でっちぼうこう)の復活。年齢に関わらず、誰もがどこかで丁稚奉公する時代に
・価格競争が起きる「製品」ではなく、消費されない「作品」を作り上げる
・「熱量」を与えるという発想から事業が生まれる
・ビジネスモデルに目的を埋め込む。消費者向け商品を再構築する「◯◯◯」
※◯◯◯の詳細は、サロン内でご確認ください。

SocialDesignSalonメンバーに集っている皆さんは、年代も業界もバラバラ。しかし、非常に仲が良いのが特徴です。どなたが入ってきてもすぐに受け入れ打ち解けあい、新たな学びとチャレンジに繋げていくことができます。私自身もそのためにサロン内でどんどん事業アイデアやコンセプトを出させていただいていますし、この人この人がつながるといいなと思ったら、すぐにFacebookもしくはリアルでつなげます。

「次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう!」というコンセプトに共感される方は、是非一度「SocialDesignSalon」にご入会ください。サロン内でお待ちしております。

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon

12528136_848501521927863_1017628464_n

  

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

スクリーンショット 2017-03-24 16.51.28

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を