AR(拡張現実)が衝動買いを復活させる。料理のARマーケティング

[2017/8/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2017-08-29 17.10.41 
人間の消費の8割は衝動買いというデータもある。しかし、二次元化が進んだ現代では、その衝動買いの可能性は狭まっている。

Kabaq」は、料理のための高品質な3Dモデリングツールを提供するサービス。ご覧のように、料理があたかも目の前に存在するかのように確認することができる。

スクリーンショット 2017-08-29 17.11.11 
お店のメニュー表としても利用できることはもちろん、ケータリングのメニューや料理本のための情報等、あらゆるマーケティングにも活用できる。また、現実とは違う”盛ってある写真”が問題となることもあるが、3Dで360度料理を確認できるようになれば、そのような不誠実なことはできなくなるだろう。結果、より見た目が惹かれる料理が登場してくる可能性は高くなるかもしれない。まさに、インスタ映えならぬAR映えという概念の登場だ。

スクリーンショット 2017-08-29 17.12.19

これまでの料理の写真をARデータにすることによって、売上が数倍に跳ね上がるということもあるだろう。

スクリーンショット 2017-08-29 17.12.57

ARヘッドセット普及を目の前にして、いよいよ本格的に、この領域に投資をするタイミングが訪れている。

via:Kabaq,Youtube

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を