服に埋め込まれたバッテリーがウェアラブルデバイスを駆動させる日

[2017/12/27]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

あらゆるところにテクノロジーが浸透していく中で、問題になっていくこと。それはバッテリーです。ウェアラブルデバイスの充電を気にしながら生活を送る意識の消耗度は、決して小さくありません。

そんな問題を解決するため、ニューヨークのBinghamton Universityの研究チームが、伸縮する繊維ベースのバイオバッテリーを開発しました。

軽く薄く非常に安定的に電力を供給でき、人間から出る汗までも活用しながらバッテリーを長持ちさせるという構造です。シャツにズボンに、靴下にもバッテリーが埋め込まれていくかもしれません。

テクノロジーはこれまでのように分かりやすく目に見えるものばかりではなくなります。同じようにバッテリーも目に見えないところにさりげなく配置されていく時代になっていくのでしょう。

 

via:web

 

新刊「100年働く仕事の哲学」が発売!

cover

次世代ビジネス&働き方を一緒に生み出そう
オンラインサロン「Social Design Salon」

12528136_848501521927863_1017628464_n

0
HeartHeart
0
HahaHaha
0
LoveLove
0
WowWow
0
YayYay
0
SadSad
0
PoopPoop
0
AngryAngry
Voted Thanks!

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を