FabCafeに行ってきた!人類史上最大の芸術文化の大復興期が始まる

[2012/10/20]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

渋谷FabCafeに行ってきました!

昨日の記事にも書きましたが、ものづくり革命が日本でも着々と進んでいます。その電源地の1つが渋谷FabCafeです。

こちら入り口の立て看板。

iPadとお店のレーザーカッターで印刷された木のメニュー表で注文します。
立て看板にあった限定メニュー、マロングラッセラテを注文。 

ふと右を向くと、お店のレーザーカッターで作られた大きなオブジェが!
さりげなくハロウィン風(笑) 

左の壁沿いも、レーザーカッターで作られた商品が並んでます。

なんだろう…とよく見ると、こちら組み立て式のスタンプでした。

マロングラッセラテ到着。美味しい!店内にはwifi、席にはコンセントがついていて、快適にパソコンの利用ができます。

店内はこんな感じです。この写真左側がレーザーカッターが使えるスペースです。

近づいてみると大きな画面が2つ。このスペースでレーザーカッターを操作します。

こちらがそのレーザーカッター!結構大きいです。

 

こんな風に、切り抜いたり、文字を印刷できます。
ちなみに文字データはイラストレーターデータとのこと。 

レーザーカッターを使用する時の気になるお値段は、30分2,000円。

レーザーカッター使用状況をGoogleカレンダーで確認すると、結構入ってます!いい感じで予約が入るようですね。 

レーザーカッターで作ったiPhoneカバーも売っています。

ここでは、その他にもグリーティングカード、アクセサリー、椅子、照明なども作れてしまうとのこと。 
ちなみに、3Dプリンターが使えるようになるのは11月からとのこと。今後の展開が楽しみですね!

21世紀、芸術文化の大復興期が始まる。

photo credit: Sprengben [why not get a friend] via photopin cc

人類がを創造性を獲得した時期はいつか?それは、それは5万年前と言われています。ホモ・サピエンスが誕生したのは20万年前ですが、装飾品、絵画、装飾などが作られ始めたのがこの時期です。歴史的には心のビッグバン、文化のビッグバンと言われていて、この時期に人類は「クリエイティビティー」を手にしました。

それから、歴史的にみると、ルネサンスであったり、各国で芸術文化が花開いてきたと言われていますが、その時代における最も重要なファクターとはなりえませんでした。

軍事競争期であれば、力強い肉体を作ること、危険な武器をいかに作れるかが最も重要課題でした。また経済競争期には、いかに機能性の高い商品を作れるか?いかにお金を集め、それを効率的にマーケティング・営業へ使っていけるか?が最重要課題でした。

しかし、これからは少し変わってきます。テクノロジーの極限的進化の流れを捉え、その延長である近未来を見つめます。するとこれからは「いかに文化立国たりえるか?」が各国の最重要課題となると感じるのです。

テクノロジーの進化は、経済性の追求だけにとどまらず、芸術文化の大復興を促します。それがこのパーソナルファブリケーション技術の真の意味合いなのだろうと思います。人類が5万年前に手に入れた創造性が、本当の意味で花開く時がこの21世紀なのでしょう。

 

■Social Design News facebookページ
  http://www.facebook.com/SocialDesignNews

■一般社団法人ソーシャル・デザインへの仕事依頼について
  http://social-design-net.com/works

image

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を