5人チームで作ったスマートウォッチ「Pebble」は、ソニーを超えた!クラウドファンディングでは、なんと1000万ドルを集める

[2012/10/29]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スマートウォッチ「Pebble」をご存知でしょうか。こちらは3Dプリンターなどを使うデジタルファブリケーション時代の記念碑的な商品です。

なんとたった5人で作り、KickStarterで1,000万ドル(日本円にして約8億円)、個数にして8万5千個を予約販売しました。

例えば、こんなふうなことができます。自転車モードでは、走っている距離や速度、時間が計れます。

もちろん、ランニングの際のデータも同じように計ってくれます。

iPhoneでかけている音楽、音量をコントロールできます。

WatchApp Storeがあって、iPhoneからアプリをダウンロードし、Pebbleにスピーディーに同期することができます。

その他にも、Facebookや、ツイッター、電子メールの確認、カレンダー&天気のアラート機能などがついているまさに「スマート」ウォッチ。

これがなぜ記念碑的なのかというと、天下のソニーに、数人のチームが勝ってしまったからです。

小さなチームが世界的なエレクトロニクス企業に買ってしまう時代

鮮明なディスプレイ、バッテリーの長さ、アンドロイドにもiPhoneにも同期します。更にアプリの多さ、値段も115ドルとソニーの150ドルよりも安いのです。

5人のチームが、機能、デザイン、マーケティングに価格とあらゆるところで、世界的な企業を超えてしまいました。

これは、たまたまなのか?いえいえ、これはトレンドの始まりです。3Dプリンターなどを使ったデジタルファブリケーション時代は、大手製造業が、数人のチームに負けてしまうようなことがどんどん起こってきます。

そして、1商品で大手企業に買ったチームは、関わる人を増やし、組織化し、事業をどんどん大きくしていきます。

ここ10年間、情報産業で起こってきたようなトレンドが、いよいよ製造業でも起こり始めるのです。製造業においてたくさんのスタートアップ、ベンチャー企業が誕生し、いずれは製造業の楽天やGREE、GoogleやFacebookのようなところが日本中、世界中で生まれてくるでしょう。

ついに始まった産業構造大転換の潮流から目が離せません。

 

■Social Design News facebookページ
   http://www.facebook.com/SocialDesignNews

■一般社団法人ソーシャル・デザインへの仕事依頼について
  http://social-design-net.com/works

pebblewatch

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を