書籍の多くが自動筆記の時代に!?ビジネスは芸術に限りなく近づく

[2012/11/14]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

以前、米経済誌フォーブス(Forbes)などにサービスを提供している「自動生成コンテンツ会社」ナレーティブ・サイエンス社(Narrative Science)について、記事を書きました。

今回は、「記事」だけでなく「本」も自動で書かれてしまう時代になったという話です。INSEADビジネススクールの教授のフィリップ・M・パーカー(Philip M. Parker)氏が書いた本はこれまでに20万冊以上。

「地球史上最も多くの本を出版した人」だそうですが、こちらコンピューターアルゴリズムがネット上の情報を収集し、書かれていく本のことです。目次、レイアウト、脚注なども完全自動化。自動で本を書くソフトの使い方が、上の動画で示されています。

書かれる書籍は、買う人がいったいどれだけいるのか?というようなニッチな本が多いよう。例えば「6×9フィート以下の洗浄可能な浴室用 絨毯の2007年~2012年市況予想」のような本。おもしろいですね〜(笑)ちなみに売れる本でも数百部とのこと。

NYタイムズは「ワーストセラーを何万と積み上げることで、それなりの売上げを生む出版のロングテールだ」と記事にしています(笑)また、書籍にかかるコストはというと、電気代12セント…。それで、これまで10万冊以上を販売しています。

電子書籍の時代、出版という作業は、ここまで自動化できるようになりました。「効率化」「利益追求」ということを考え続ければ、たどり着くところはここですね。

ビジネスは芸術に限りなく近づく

photo credit: spettacolopuro via photopin cc

経済成長時代が終わり、文化の時代になるという話をよくしますが、このような事例を見ていただいても「ああ、末期的だな…」と思う方が多いと思います。「労働生産性アップ!」という議論は、もはや社会の中心課題ではないということです。

また、言語化できる分野、論理的な分野の競争力は、激減していっているとが分かりますね。この領域はあまりにも、共有スピードが速く、差別化は益々難しい分野となっていきます。

経済社会の担い手である会社や個人すら、「言語化しにくいところ」を意識的に強みにしなければ立ち行かない、ということです。つまり、あらゆる人がアーティストとなり、あらゆる会社がアート的側面を持っていくのです。

経済成長期が終わり、価値観の軸が「利害損得」から「美醜善悪」へと徐々に切り替わります。「文化の時代」への突入です。一方、経済社会も、芸術的感性が強みとして認識される時代となります。う〜ん、やはり時代は人類史上第3の文化の時代へと確実に移り変わってきています。 

 

■Social Design News facebookページ
 http://www.facebook.com/SocialDesignNews

■一般社団法人ソーシャル・デザインへの仕事依頼について 
 http://social-design-net.com/works

 
medium_3813556085

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

関連記事

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を