電子回路基板を作るデスクトップツールBoard Forgeが、約2,000ドルで発売される!?

[2013/5/21]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

board-forge

おっと、きましたね。電子回路基板を作り上げるツール「Board Forge」。

Pitches with Prototypes: Electronics Factory

電子回路とは?

電子回路(でんしかいろ、electronic circuit)とは、電子部品を電気伝導体で接続し電流の通り道をつくり、目的の動作を行わせる電気回路である。電子部品と配線の組み合わせにより、単純なものから複雑なものまで様々な動作が可能である。信号を増幅したり、計算したり、データを転送したりといったことができる

引用元: 電子回路 – Wikipedia.

非常に興味深いのは、Kickstarterで資金調達し、最終的には2,000ドルあまりで販売したいと考えていること。2,000ドルって、約20万円ですからね。これもまた大きな話題となりそうです。

スクリーンショット 2013-05-20 20.44.25

http://tempoautomation.com/

また、彼らは「Think MakerBot for electronics.(電子機器版のMakerbotだと思って)」と発言しています。Makerbotとは、デスクトップ型3Dプリンタの大手です。

デスクトップ型の3DプリンタとBoard Forgeで、気軽に電気機器を作る未来。まさにメイカーズムーブメントですね。

動きは、こんな感じ。

もし2,000ドル前後で発売されてくるとするならば、コワーキングスペース等への導入も決定でしょう。1人家電メーカー、チームで家電メーカーを作る障壁は益々低くなっていきそうです。

 

 GEとQuirkyが提携した件

Partnership Announcement from Quirky on Vimeo.

昨日の記事「すごい!クラウドソーシングとデジタルファブリケーションによって発明を再発明したQuirky」を読んでくださった読者に教えていただきました。

なんと、GEとQuirkyが提携!

http://www.quirky.com/ge

GEは、エジソンが創業した総合電気機器会社であり、今や世界最大のコングロマリット(複合企業)です。

GEと、social product developmentと呼ばれる手法でクラウドの力を使って発明を行う「Quirky」がパートナーシップを組みました。これにより、誰でもGEの新商品開発に参加することが可能になります。GEは同社が持つ数千もの特許や新技術をQuirkyコミュニティに開放します。

(中略)

今回の提携により、QuirkyとGEは共同ブランドの製品開発をQuirkyを通じて行なっていくことになります。その商品開発にはデザイナーやエンジニア、プランナーなど多様な人々が世界中から参加可能。

引用元: GEとオンラインデザインコミュニティQuirkyが提携、クラウドソーシングによるイノベーションを図る | sense of medium.

やはり大企業も、この21世紀の大潮流「”個”の勃興」には抗えません。

Board Forgeのような個に力を与える高性能で安価なツールがどんどん生まれて来る中で、日本はどうするのでしょうか。いずれにせよ、今後も注目したいところです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を