軍事競争下の「疎開」と社会貢献競争下の「移住」

[2012/6/11]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2012 06 11 19 19 31

雑誌「TURNS」が2012年6月2日に創刊されました。

自分の生まれ育った町に戻り働く「Uターン」と自分が生まれ育った町
以外の地域で働く「Iターン」の意味ですね 

おもしろそうな人が集まっている地域と取り組み、新しい移住者を求めている
熱い地域、そして、そんな地域で新しい自分を発見するための方法を特集していく

とのことです。

2012年現在、20代〜30代にかけて、明らかに地域への移住者、及び移住
希望者が増えてきていることを肌身で感じます。今までの経済競争社会
において、地域への移住という選択肢はなかなか考えにくいものでした。

なぜなら、貨幣は中央に集まるもので、お金はお金のある所に集まる性質
を持つからです。よって、一般的に「給料の高く名誉があるよい仕事」と
言われるようなものは、都会にある傾向がありました。

しかし、これからの「社会貢献競争社会」に関してはどうでしょうか?
この時代において、都会に住むという選択肢は必ずしも良い選択肢
とは言い切れません。

若者が移住を進めた時代の特徴は?

Medium 414185657

photo credit: ~Prescott via photo pin cc

時代のワンサイクル前に若者が都会を離れていった時代は、いつのこと
でしょうか?それは、戦前、戦中のことですね。当時は国家間の軍事的戦争
により、どんどん疎開という名の移住が進んでいきました。

理由は、爆撃から逃れるため、そして食糧を確保するためでした。

戦火のレシピ」という書籍には、ビックリすることに国会議事堂の前に
畑を作り、食糧を確保している痩せた日本人の写真が掲載されています。

NewImage

では今はどうかというと、お先真っ暗な金融資本獲得競争、そして
社会貢献の最大化ではなく、株主利益最大化のために働かされる
労働者の精神的ダメージはピークに達しています。

10人に1人はうつ病と言われ、年間3万人以上が自殺することが
あたり前となってきてしまった今、これを精神戦争と呼ばずしてなんと
呼ぶでしょう。 

こういった状況の中で、将来的に価値観と社会システムが大きく
変わること、そして食糧危機を直感的に感じる若き世代の移住希望者
は、これからもどんどん増え続けることでしょう。

しかし、軍事戦争下の「疎開」と現在の「移住」には決定的な
違いがあります。疎開は、「命を守らなければならない」という非常
にネガティブな理由で都会を離れますが、現在の移住は、より幸せな
自分の人生、そして地域貢献を目的とする人たちも多いです。 

時代はうねりをあげながらも、ゆっくりとより良く変わっていると
信じます。

そして、こちらの記事をお読みになった方は、意見や感想をコメント
など気軽にいただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を