ギフトボックスで世界を変える!贈り物のステップを再設計した「greetabl」

[2014/2/15]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

introducing greetabl from greetabl on Vimeo.

贈り物は、プレゼントするものと包装とメッセージカードが一体となった1つのアートです。…ただ、私にはそれがうまくできません(笑)

プレゼントを送る際、それを素敵に包装したり、いい感じのメッセージメモを用意しようとすると、これがまた簡単ではありません。頷かれる男性は多いのではないでしょうか。(そう信じています(笑))

しかし、こちらの「greetabl」であればそれが簡単。用紙にメッセージを書き込み、それを組み立てて、贈り物を入れるだけで完成。こちらはギフトボックスにイノベーションを起こそうとするスタートアップです。

気になる価格はというと、1つ6.99ドル(約700円)。「やや高いな〜…。でも便利だな〜」と思われる方、是非300円、400円ほどで売れる製品を開発し世界に挑戦してください(笑)

今はあちこちでイノベーションが起きており、目が離せませんね。

what is greetabl? from greetabl on Vimeo.

 【参考】
ジャガイモスタンプで作った包装紙から「価値の発明」を見る

ステップを再設計し直したら?という問い

medium_4245031976

greetablは、贈り物のステップを設計し直した製品です。メッセージカードを書くところから包装、そして宛名を書いて渡すところまでを再設計しています。

この設計という概念。WEBの業界では、UI(ユーザーインターフェイス)の設計ということで、利用者がスムーズな動作、ステップでそのサービスを利用できるよう徹底的に突き詰めて最適化していきます。

当然、それは細かなデータが取れるネット業界だから、とも言えますが、この「ステップの再設計」という視点はあらゆるリアルな場面で取り入れていけることだと私は思っています。

日々の生活の中で、寒い日の朝車で出勤する際のステップ、パソコンを開き作業をする際のステップ、お風呂をためるところからあがるところまでのステップ。これら普段何気なくこなしているステップを再設計することで、新たな価値を発明できる可能性があります。

これまでは、これらのことを考え再設計アイデアを思いついても、それを実現するための壁は見上げるほど高いものでした。しかし、今はちょっと頑張れば誰でも乗り越えることができるほど、その壁は下がってきています。

あらゆるもののステップを再設計することで新しい価値を発明する。そんな視点で日々の生活を見つめてみるのも面白いと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を