ミュージシャンのためのコンサート配信プラットフォーム「Concert Window」

[2014/6/9]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2014-06-09 12.54.04

音楽文化の進化のベクトルはどこにあるのか?それが今、世界中で模索されています。

こちらはミュージシャンのためのコンサート配信プラットフォーム「Concert Window」。

ライブ配信されているものをクリックして観てみると、そのコンサートが3分間だけプレビューできます。もし、それ以上聴きたい場合は、1ドル以上の投げ銭をするとコンサート全てを聴くことができます。ちなみにミュージシャンには投げ銭の3分の2が入ります。

スクリーンショット 2014-06-09 12.55.58

生歌、ライブコンサートを気軽に配信できる仕組み、良いですね。

路上ライブなどもこのようなプラットフォームを利用することで、より広い認知の獲得につながるのでしょう。

Introducing Concert Window from Concert Window on Vimeo.

 ミュージシャンと企業がつながる日

矢野顕子さんの曲、Isetan-Tanに合わせて約500人の従業員が踊るPV動画。かなりバイラル(口コミ)されていますよ。今後のPR時代を彷彿とさせる映像です。

オーナー系の中堅企業が、著名ミュージシャンに社歌を依頼するというものではなく、多くの企業、団体が理念やビジョンを発信するために音楽を利用する。

WEB系のサービスやアプリをリリースする際に、PR動画を作るところは増えてきていますが、あらゆる企業が映像、そして音楽をなくてはならないPR手段として利用していく流れが生まれそうです。

クラウドソーシングサイトにもちょこちょこ見受けられるようになりましたが、企業のテーマ曲を作るなど、ミュージシャンにも新しい仕事が増えていけばと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を