これは欲しい!世界最小の無線スキャナー「PocketScan」がKickstarterで人気

[2014/6/27]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スクリーンショット 2014-06-27 9.59.40

「あったらいいな」が実現した典型事例かと。

世界最小の無線スキャナー「PocketScan」が現在、Kickstarterで人気を集めており、5万ドル(約500万円)目標ですが、現時点で既に27万ドル(約2,700万円)超え。それもそのはず、一度見たら超欲しくなります。

紙をさっとなぞるだけで、MacやiPadなどのデバイスにスキャンデータがリアルタイムで送られます。

スクリーンショット 2014-06-27 10.00.22

大きさは50×27×95mmで重さが85gと超軽量。まさにポケットにしまって持ち歩けるサイズ。

スクリーンショット 2014-06-27 10.00.32

家族の大切な写真を綺麗にデジタルで残すなんてニーズも多いですからね。

357a41e8d24657492bf2671ad3b21d0c_large

仕事で使った資料や紙の書籍で重要だと感じるところは、その場で即スキャン。

3b67e009222816d6bacc452c0a8227ca_large

また、気持ちを込めて書かれた手紙やメッセージはいつまでも残しておきたいもの。スキャンして、このようにEvernoteに貼付けて保存。これはかなり有り難い…。

スクリーンショット 2014-06-27 10.03.39 
79ドル(約7,900円)の早期割はなくなっていますが、今なら99ドル(約9,900円)で購入できます。ちなみに小売り価格は149ドル(約1万4,900円)となる模様。

いや〜これは良い商品。こちらの動画も一度ご覧ください。

ガラリと変わるオフィス機器

私自身、最近”紙”を印刷することがかなり少なくなっています。実際、企業における紙の使用量、印刷量もかなり減少傾向にある模様。

また整理する際は、スマホで撮影しすぐにPDF化できるスマホアプリ「CamScanner」を多様させてもらっています。

私自身は紙が好きなのですが、整理整頓という意味では、デジタル化しておいて、必要な時に印刷するというスタンスの方が圧倒的に良いですね。

これまでオフィスにある機器と言えば、コピー機に、固定電話に、デスクトップパソコンに…。このスタイルがこれから大きく変わっていきます。

今回紹介したようなデバイスであったり、3Dプリンタ、また人工知能が搭載されたスマートマシーンの普及も含め、第二次OA革命はここ数年でオフィスの環境をガラリと変えていきそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を