ドローンを使ったPR会社「Drone Cast」に見るこれからの可能性

[2014/9/13]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

f6pcgoxukau9127irbku

「空」はまだ未開拓と言っていい21世紀のフロンティアです。PR、広告という領域から考えられることも山ほどありそうですよ。

Drone Cast」はドローンを利用した広告会社。2014年の年間売上げは、150万ドル(約1億5,000万円)を見込んでいます。

広告キャンペーンは1回あたり2万5,000ドル(約250万円)〜5万ドル(約500万円)で受けている模様。

q7odtriqsdrga5b2fwms

空をPRに利用すると言えば、思い浮かぶのは風船や気球ですが、それらよりもドローンの方がはるかにいろいろなことが考えられそうです。

w4ubr7gkcgvpjelih36s  
コーラ×ドローンのPRプロジェクトもご紹介しましたが、そのベクトルも多種多様。日本においてもそろそろ登場してきていい事業でしょう。インスピレーションを感じる方は是非。

【参考】
コーラにメッセージを添えてドローンで届けるプロジェクト!

 

ドローン映像の開かれた可能性

私も先日人生初、AR Droneを飛ばしました。スマホで操縦するため、大丈夫かな?と思っていたのですが、実際に飛ばしてみると超楽しい。操縦もすごく簡単にできました。

また、ずっと注目をしていたカメラ付きの自立型追跡ドローン「HEXO+」は、Kickstarterで約130万ドル(約1億3,000万円)もの資金を集めました。こういった機器が出てくると、現実的に新たな映像の扉が開かれていきそうですね。

こちらのドローンで撮影した花火の映像は、約4ヶ月ほどで1000万回再生に迫る勢いです。こういったことができていくわけですね、これからは。国を問わず、多くの人が息を飲んだのではないでしょうか。

高性能な360°カメラ「Bublcam」あたりを付けたドローンで、花火撮影をすれば、更にすごいことになるだろうなと思いつつ。いずれにしても、楽しみなトレンドです。

【参考】
花火映像に息を飲む!ドローンで撮影された美しい映像集

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を