ドローンで撮影されたの写真に感動!フィラデルフィアの空撮事業「Philly by Air」

[2014/9/30]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Penn-Park-7-1024x576

趣味からビジネスへ。ドローン関連の事業はそんな流れが多くありますね。

Philly by Air」は、米国フィラデルフィアの空撮事業。趣味でドローンを飛ばしていたアマチュアカメラマンがフィラデルフィアで撮った写真をGoogle Mapに配置し、注目を集めました。

見ていて、目が覚めるような写真が並びます。

Drexel-Hill1-1024x576

緑と住宅街。なんともいい雰囲気。

Havertown1-1024x576

学校などのPRのための写真を撮影するニーズもあるでしょうね。

Haverford-College-2

ドローン関連の映像や写真は、海沿いのものが感動を集めていますが、緑だってこんなに綺麗に。山を飛ばすドローン写真や映像もこれから注目していきたいところ。

Fairmount-Park-1024x576 
ちなみに撮影は「Phantom 2 Vision」で行われています。各国のドローンにおける商用利用の規制問題は、より速く緩んでいくかもしれません。いや〜、ドローン周りがかなり賑やかになってきました。

 ウェアラブルな小型ドローンカメラの可能性

腕時計のように持ち運ぶことのできるウェアラブルドローンカメラ、「Nixie」の記事の反響が予想以上に大きかった!

【参考】
腕時計のように持ち運べる!世界初の飛ぶことのできるウェアラブルカメラ「Nixie」

発売されたら、かなり大きな反響を呼ぶのでしょうね。Apple Watch等のウェアラブルデバイスもいいのですが、Nixieのようなデバイスに挑む大手メーカも登場してきて欲しいところ。日本であれば、ソニーが出したら話題を集めるだろうな、とふと頭をよぎりましたが。

ドローン革命によってFacebookやTwitter経由の写真や映像も、賑やかになりそうですね。「どうやってこれ撮ったの!?」と思われるような写真がタイムラインにたくさん並ぶ日が、遠くない将来くることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!をしよう

Social Design Newsの
最新記事をお届けします

Social Design Newsをフォローしよう!

@SDNews6をフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最新記事

メルマガ登録

メルマガだけでしか読めないコンテンツも配信しますので、
ご興味のある方はご登録ください。

オンラインサロンでもっと深い情報と交流を